Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

ちょっと脱線

先日の音質レビューでは、総じて買ってよかった!という気持ちをお伝えしました。
その後、ちょっと「あれ?」と思うような動きが見つかったのですが、アップデータで全て修正されていることがわかりました。そうです。彩速ナビのすごい点は、こまめなアップデートにあります。

バグがなきゃないに越したことはないですが、現実にはふんだんな機能を搭載した最近の機器でまったく不具合なく出荷できるというのはなかなか難しいことです。なぜなら、多機能を短期間で達成するにはオープンソースを活用した開発が不可欠であり、それはつまり「自分たち以外が作ったプログラム」と協調動作しなければならないことを意味するからです。

それでもこまめにアップデートできるというのは、それなりにソフトウェア開発環境がモダンであることを示しています。実際のところプログラムを修正した場合は修正の影響が及ぶ場所を見極めてそこが正しく動くことを検証しなければならないのですが、ソフトウェア環境がモダンでないとこの見極めが甘くなったり、そのプロセスにすごく時間がかかったりします。

まあまあ、ともあれ過去の遺産を引きずらざるを得ない古いソフトウェア環境になりがちなカーナビというプラットフォームでモダンな開発環境を使えるというのは重要かつ難易度の高いことだと言えます。

インターフェースの完成度

機能編と書いてだいぶ脱線してしまいましたが、機能をユーザーに見せるためのインターフェースは実によくできていると思います。基本的にボタン選択によってどんな機能にもリーチできるような思想でありながら、マニュアルを読めばそれをショートカットできる方法がわかり、操作がスムーズに行えるようになります。

そして、「ここはこうあってほしかったなぁ…」と思うような機能は必ずと言っていいほどカスタマイズできます。例えば、カーナビの地図は夜用の配色と昼用の配色が用意されていてそれが昼夜で切り替わるのですが、これがナビのメーカーによって「ライトをつけたら配色が変わるもの」「明るさによって配色が変わるもの」様々なのですが、彩速ナビでは、これがどちらでも切り替えることができます。

また、ナビのクセ、たとえば細い路地を優先するのか幹線道路を優先するのか、渋滞回避をどのぐらい加味するのかなどのさじ加減は設定で細かく決めることができます。

価格コムなどのレビューを見ていると、このあたりのカスタマイズができることに気づいていないで評価している人もいて、たしかに列挙された奥底のメニューまで探すのは大変ではありますが、さがしたらきっとあるよ!という気持ちで見ていけば、自分好みの動きに仕立て上げることができるのはとても気が利いています。

ところで、このへんのメニューの奥底の構成はパイオニアの楽ナビやサイバーナビにとても良く似ているような気がするのですが、それはこのナビがパイオニアの子会社であるインクリメントPの地図を使っているのと関係あるのか、単純に参考にしただけなのかは定かではありません。

画面表示の限界と設計思想

ひとつ気になった点。地図はメインの地図と、サブの地図を2画面分割で表示するのは中堅以上の多くのナビで可能です。彩速ナビでもこれはもちろん可能であり、それに加えてインフォメーション、オーディオの情報が選択で2画面目に表示することができます。ただし、基本を2画面の地図にしたままでオーディオの情報を出すことはできず、2画面目は必ず機能の切り替えになってしまいます。つまりオーディオの情報は2画面地図の上に出すことはできないということ。曲名ぐらい出したいなと思うのですが、それは思想的にむずかしいようです。ただ、そのことによって「今どこの画面にいるんだっけ??」と迷子になることは非常に少ないと感じます。どこから出てきた画面なのか、というのが直感的にわかりやすいような配置になっていて、それを難しくするような機能は存在できないようになっているのです。これは自分が持っていたころのサイバーナビの思想とは対照的です。サイバーナビは、機能を入れることとUIのお作法を守ることを天秤にかけたときに迷わず前者をとるような作りでした。それはそれでいいところももちろんありましたけどね!

ということで、このあたりの思想も非常に好感が持てるなぁ、という印象でした。

ゴブサターン。

今どき、カーナビって必要なの?

カーナビってすっかり下火になってしまって、スマホとグーグルマップでいいじゃん、ということになっています。

z904



一方でメーカーもそれを察知してか、固定電話のように進化が止まっている。
タッチによる操作性もスマホのヌルサクと比べるとイマイチ、今どきの音楽メディアへの対応も遅れている、PCやスマホではあたりまえにできることがカーナビではまだできない、ということが多くなってきました。

でも、スマホだとやっぱりわざわざ車の中で開くの面倒だし、ナビ品質もPND並だし、ずっと親切なカーナビ使ってた人にとってはあまりにドライな存在なんですよねー。コンシェルジュという意味ではいまだにカーナビの方がスマホよりもずっと先を行っていますし。

カーナビ繁栄の日々の思い出

10年前まではカーナビといえばカロッツェリア、パイオニアのサイバーナビと楽ナビが席巻していました。サイバーナビはうんと未来の物語のようなことを実現し、次の年の楽ナビがそれに追随し、サイバーナビはさらに先に行く。

Web2.0なんて言われていたころに本当に使える集合知であるスマートループ(渋滞情報共有)を作り上げたサイバーナビはエンジニアとしてもまぶしい存在でした。

ガラケー状態のカーナビ

ところが、ITの世界はここ何年かで もうすごいことになっています。
技術はオープンソースのもとにエンジニア間で共有され、ものすごい勢いで進化していく。開発環境も進化して、同じことを実現するにも今までの何倍もの速さで実現できてしまう。

センサー+頭脳という意味ではカーナビもスマホと同じなのですが、各メーカーで独自路線、クローズな特色を打ち出しているのはちょっと前の和製パソコンやガラケーと同じ。

商品としては個性的で面白いところもあるのですが、前時代的なほころびが見え隠れしてしまっています。

孤高のケンウッド

しかし!
そんな中でも、最近のKENWOODの彩速ナビはアツい!どうしちゃったの!?笑

もともとナビ(案内)の品質はカロッツェリアとストラーダ(パナソニック)、アルパイン、と言われていた中で、B級のイメージを払しょくできなかったケンウッドのナビですが、ここ最近の他社のやる気のなさの中では燦然と輝く存在です!!

なにしろ今どきのハイレゾオーディオに対する対応がホンキです。
なんと一般向けのカーオーディオでDSD対応!!(PCM変換、とのことですが、実は世の中にPCM変換するDSDプレーヤーはたくさん存在しており、変換しているからといって必ずしも音が悪いとは限りません。それについては機会があれば改めて)

また、DSD対応!と名乗るからには周辺の部品もそれなりのものを用意することになるわけなので、ハイレゾではないソースの音質向上にも大いに期待できます。

そして操作性。中途半端にスマホ風の操作感を取り入れた他社も多くある中で、極めて自然なスマホ的ユーザーインターフェースです。

ナビ品質に関しても着々と向上を続けており、すでに他社と比較してもそん色ないレベルに来ているのではないかと思います。これに関してはまだほとんど検証していないのでまた後日。

ともかく、シェアがとれないからって努力しないですぐ撤退してしまうような会社とは違う、執念の製品ではないかと思います。彩速ナビ2017年モデル。

うちのカーナビ7年目

さてさて、すでにご紹介している通り、わたくしは楽ナビのHRZ900のユーザーだったわけなのですが、音楽好きの立場からするとこの音質がびっくりするほどいただけない。

基本モッコモコサウンドで、グライコがついているのですが調整できる周波数が中途半端なところまでしかないので、どう調整してもシャッキリしないのです。さらに前はサイバーナビユーザーだったりもして、D/Aチップにお金がかかっていると明らかにで音が変わるのを知っていたので、これはスピーカーではなくてこの楽ナビの問題なんだろうなぁと思っていました。

買っちゃった!!

まあその状態でずっと我慢してたのですが、急にハイレゾナビへの興味が深まってまいりまして、オートバックスのセールやケンウッドのキャッシュバックにも惹かれ、ついに付け替えてしまいました!!彩速ナビ、MDV-Z904です!!

Z704と迷ったりもしたのですが、オートバックスの限定モデルであるZ904Aは地図情報が3年間更新無料ということで、値段差を埋めてあまりあるという判断をしまして、男らしく最上位モデルであります。

ハイレゾということで、ハイレゾ再生するためにはハイレゾ対応のスピーカーつけてもっと高域が鳴らせるようにしましょうね、という売り方をしています。

が、自分の部屋での経験からハイレゾ対応スピーカーにしなくてもハイレゾは十分楽しめることがわかっています。ということで、今回は標準装備のBOSEのままで。

昼に取り付けをお願いして、6時間半後に取り付け終了でした。

z904-2

左側がムキダシに見えますが、これはカスタムパネルの問題で、ナビのせいではありませんよ。

早速試聴!

FLACの音源を前もってSDカードにコピーしておいたのですが、ハイレゾ・CD音質含めて、今までとはっきり違いの分かる音質。
もちろん楽ナビは圧縮音源だったのでその違いもあろうかと思いますが、それ以前にわかる輪郭のシャッキリさ。


ototoyで H ZETTRIOのハイレゾとか買ってたんですけどね。これいい環境で聞くとバッキバキのベースにドラムのチンチキ(言い方が陳腐^^)がシャッキリ出てとてもいいんですよ!

そしていままでついていたDSPの音場効果はどれもモワーン、とごまかすだけの使えないものだったのですが、ピュアオーディオ派の自分でも積極的に使いたくなるような高品位な音場効果。

カタいベースのゴリゴリ感がいまのところうまく表現できていない気がするのですが、それでも同じスピーカーから流れてくる音楽とは思えない違いで、さらに追い込むならスピーカー交換しかないかなぁとも思います。

タイムアライメントとかスピーカーのコンフィグレーションとか、細かい設定はいろいろあるのでおいおいまた調整する楽しみはあろうかと思いますが、ひとまずフラットな状態でもう異質なよい音が聞けてとても満足です。

うーん。音質編と言っておきながら、かなりざっくりな話しかしてないんですが、いや、美味しんぼのようなオーディオのほめ言葉を使うまでもなく、明らかに違うんで、車の中で音質なんてわかるかよ、と思っている人にはぜひ騙されてみてほしいと思います!!


【動画】 青森のゆるキャラ「にゃんごすた~」のドラムさばきが凄いと話題に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1900349.html

軽々と紅をたたくゆるキャラと、それをリラックスしてみてるまばらな観客…
なんとシュールな絵



紅~KURENAI~。
この曲を初めて聴いたのはラジオから。
紅は当時高校生だった自分に衝撃を与えた曲でした。

「速ければいいってもんだよね!」

紹介するパーソナリティーがそう言っていたのを覚えています。
曲の進行も今まで聞いたことがある分かりやすいものとは違って何かひっかかりを覚えました。

25年前の当時からX JAPAN(X)のパフォーマンスに否定的な人はたくさんいたものの、現実にはこんなの叩ける人はそうそういませんでした。
しかしインターネットによる方法論・テクニックの共有手段の確立(つまりYouTube)、道具の進歩によって、このぐらいテクニック的に出来る人は劇的に増えました。

Xのドラムをシロウトがマネしようと思ったらツインペダルになるんですが、当時のツインペダルはシャフトの精度がよくなくて、うまくビーターに力が伝わらず、左右で踏み心地に大きな差があったんですね。左右のバネの強さを変えたりしてだましだまし踏んでいたんです。今のツインペダルはほとんど左右の踏み心地に差がなくて本当に道具の進歩ってすごいなと思います。今持ってるdwのペダルにしたとき感動しましたもの。

そして、当時は我流のドラマーがプロにだってたくさんいましたが、今は幼少時から効率的な「たたき方」が簡単に調べられる時代。

ある意味バンド演奏自体が画一化してつまんなくなってきていました。
  
さらに、その進歩の先に…新たにハンディを背負った達人現る
革命です^^!!

「にゃんごすた~」
人類は新たなステージへ。

このページのトップヘ