Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

この記事は音楽とは無関係です。

わたくしの車は1.4リッターのコンパクトカーですが、今月13年目の車検を迎えました。前回タイヤ交換をしたのが7年前なので、ヒビがけっこうひどくなっておりました。ということで、車検のついでにタイヤ交換をしてみました。

車検の際に タイヤの見積もりもしたのですが、ちょっとイメージよりも高い見積もりでして。実は前回タイヤ交換をしたときにタイヤ交換専門店である横浜都筑のタイヤフィッターさんにタイヤの購入・交換をしましたが、専門店をうまく利用すればタイヤはトータルでかなりの激安になります。ということで、今回もタイヤフィッターさんにお願いしようと決めました。

ただ、前の交換の時から時間が経っていることもあって、ネット通販とタイヤ交換専門店との連携も強化されています。今回、交換はタイヤフィッターさんにお願いしましたが、今はなんとネット通販で買ったタイヤをお店に直送することができるようになっているのです。ということで、タイヤは安くて信頼のおける店で購入し、送付先は交換の得意なタイヤフィッターさんとし、タイヤが到着する頃に交換の予約を入れておけば、手ぶらで交換に立ち会うことが可能になると。すばらしい時代です。

DSC_0124
前に履いていたタイヤの装着当時の写真

   さて。タイヤは何にしようかなと。実は前回奮発して、YOKOHAMA のコンフォートタイヤ最高峰である ADVAN dB をつけたのですが、今回は 13年目ということもあり、ちょっとコスパ重視でいこうかなと思っていました。 最終的に比較したのは MICHELIN の PILOT3、DUNLOPの LE MANS V、そして YOKOHAMA の BluEarth-A AE50。以前 LE MANSは旧型を別の車につけていたことがあったのですが、静粛性をうたっている割りに、それほどでもなかった印象があります。しかし Vになってからの評判は上々。 PILOT 3はスポーツ志向でありながら快適性にも少し舵を切っているわりとロングセラーなモデル。 そして BluEarth-Aは 前につけていた dBと同じ YOKOHAMAの製品で、エコタイヤでありながら快適性にもバランスしているモデルです。値段は紹介した順に安くなっていく感じです。

はっきり言ってタイヤは、値段と触れ込みをもとにエイヤで決める必要がありますね。ということで、根拠なく好きなYOKOHAMAのブランドであり、3つの中でもっとも安く売っている BluEarth-Aに決めました。

DSC_0761
ハイ、これですね。

タイヤフィッターさん、取り付け専門店だけあって手際よく、カー用品店のような長い待ち時間もなく、20分足らずで装着完了しました!

少し走ってみた感想としては、ちょっとした道路の段差で「ガクッ」っという突き上げがわりと目立つようになりました。dBはそれだけ 細かい突き上げをいなしていた、ということになります。dBではこの「ガクッ」という感触が「メリッ」というか、スキマを埋めているような感覚になります。

ただ、快適な幹線道路でのノイズは dBのときとそんなに変わった感触はありませんでした。
いなしの性能に関しては、7年目のdB、恐るべし。でしたが、実はちょっと(0.1だけ) dBの時よりも空気圧を上げてみたので、その影響もあると思います。それを加味してみて、BluEarth-Aもなかなかやるな、という感じです。さらに、 dBは最初についていたタイヤから dBに変えた瞬間に燃費が落ちたのでが、今回はまだ長くは走っていないものの、これまでの平均燃費は dBの時から明らかに上がっています。ということで、それぞれがそれぞれの主張する分野で性能を発揮しており、タイヤの宣伝文句も正しいことを言っている、ということがわかりました。今のところ期待通りというところでしょうか。


スマートEX、便利ですね。
スマホやPCで新幹線のチケット予約をしておいて、乗るときは登録したsuicaを改札にかざすだけ。
以前はえきねっとを使っていましたが、えきネットの場合、切符を駅で受け取ることが必要で、しかも受け取る駅に制約がある。それに比べると 紙の切符を受け取る必要もなく紛失の心配もないので、安心感もアリです。一度 新幹線の切符を落としたことがあり、それはえきねっとで買ったので、購入証明もできるはずなのに、JRからは落としたら終わりです、の一点張りで悔しい思いをしたことがあります。
ということで、スマートEX、使い始めてからまだ1年弱ですが、便利に使ってます。

さて先日、例の姫路の新幹線の人身事故で東海道新幹線全線が止まってしまったとき、偶然新幹線に乗っていたんです。しっかりA席に予約をしていたのでスマホの電源はとれ、幸いにLTEもつながる場所で立ち往生していたので、動画を見ながらゆっくり過ごせて とくにいらだちも不満もなかったのですが、降りる直前、「2時間以上遅延したので特急料金を返金します」とのアナウンスが。

なんと。ゆっくり出来た上に数千円返金されるのはありがたいこと。アナウンスには続きがあり、「新幹線出口の窓口は混み合っているので、証明書だけ受け取ればどの駅でも返金可能」とのことでした。
新幹線を降りると、確かに係員のいる出口は長蛇の列。まあひとまず係員のいない出口から出て、証明書をどこかで受け取るか。スマートEXでは改札入ったタイミングで紙がでてくるので乗った証明もあるしね。そう思って改札を出て、改札外の窓口に並ぼうとしたのですが。「スマートEXのお客さまは、自動改札から抜けた場合は証明がつきますので自動返金されます」とのこと。

おお。なんと便利。これはJRにとっても客にとっても非常に便利な機能ですね。しかもめったに返金なんてされることはないので、特異な現場に立ち会えてちょっとうれしい。

一応このことはスマートEXの詳細に書かれているのですが、実際に体験したわたくしからのご報告でした!

だいぶまえに自宅の音楽用&開発用PCのHDDをSSDにしてからというもの、まったくパフォーマンスに不満を持つことはなかったのですが、ふと最近のパソコンを起動する機会があって、あまりの起動の速さにびっくりしてしまいました。
今やスマホやPCは人の頭脳を補完する存在。自分のPCが遅いと言うことは、自分の頭が悪いということにもなる!!ということで、5~6万の予算で自分のPCをアップグレードすることにしました。

今のパソコンは もともと マウスコンピューターからWindows Vistaの時代に買ったデスクトップ(ミニタワー)パソコンで、CPUは かなりマニアックな AMD Phenom II X4 905e というもの。今調べたら 2009年のCPUですね…。この CPU、個人的にはなかなかの名作だと思ってまして、かなりお安い4コアCPUだったのです。正直、ケチりにケチるのであれば今このCPUでデスクトップ作っても全然現役でいけるんじゃないですかね。

で、このマウスコンピューターのミニタワーというのは 中身はごく一般的な MicroATX規格になっていましたので、自作PCと同じように部品を入れ替えたりできるんですね。今までも謎の電源がプスッっと切れてしまう不具合などで マザーボードを交換したり、電源を交換したり、HDDをSSDに交換したり、ファンを交換したりしながら10年弱使い続けて来たのです。

わたくしかなりの判官贔屓ですので IntelよりもAMDを選びたい衝動がありまして、去年から話題の Ryzen CPUに目をつけておりました。が、総合的なコスパを考えると Intel の第8世代 (Coffee Lake) Core i5がいいんじゃないかなあと心が傾いて参りました。正直今のCore i5ってちょっと前のCore i7を平気でしのいでいるし、特にCore i5 8400 かなり安いし…よし!Core i5にしよう!

ちょっと不安になったのが、今のWindows10を使ったままで AMDからIntelに、つまりマザーボードもCPUも交換するというのがいろんな意味で可能なんだろうか、ということです。一昔前のOSだと、マザーボード変えたらOS入れ直し、というのは当たり前だったのですが。

結論から言ってしまうと、「何一つ問題はなかった」です。マザーボード付属のドライバ類を入れるだけ。

そして、気になった Windows10の再認証に関しても、再認証こそ必要にはなりましたが「何も問題は起こらなかった」です。これに関してはちょっとした環境の差によって問題が出てくるケースもあるのかもしれませんが。実は認証後に SSDも128Gから256GのNVMeに入れ替えたのですが、これは再認証なしでOKでした。

というわけで、6万弱で改造してしたマイマシン、超高速で稼働中です!!

旧:
CPU: AMD Phenom II X4 905e
Mother Board: GIGABYTE GA-78LMT-USB3(Rev.5.0)
Memory: SUPER TALENT DDR3 4GB (DDR3-1333) x2
SSD: SAMSUNG 830 Series 128GB

新:
CPU: Intel Core i5 8400
Mother Board: GIGABYTE H370M-D3H
Memory: CFD W4U2400CM8G DDR4 8GB (DDR4-2400) x2
SSD: WD BLACK PCIe Gen3 x4 NVMe SSD WDS256G1XOC 256GB

ちなみにゲームもしないのでグラボは RADEON R7 250xe を流用。まだギリギリCPU内蔵グラボよりも速いみたいなので。

GIGABYTE ってあたりがちょっと判官贔屓っぷりが入っているかもしれませんが…
もし気が向いたら詳細なレビューもしてみようかな。やめようかな。

このページのトップヘ