だいぶまえに自宅の音楽用&開発用PCのHDDをSSDにしてからというもの、まったくパフォーマンスに不満を持つことはなかったのですが、ふと最近のパソコンを起動する機会があって、あまりの起動の速さにびっくりしてしまいました。
今やスマホやPCは人の頭脳を補完する存在。自分のPCが遅いと言うことは、自分の頭が悪いということにもなる!!ということで、5~6万の予算で自分のPCをアップグレードすることにしました。

今のパソコンは もともと マウスコンピューターからWindows Vistaの時代に買ったデスクトップ(ミニタワー)パソコンで、CPUは かなりマニアックな AMD Phenom II X4 905e というもの。今調べたら 2009年のCPUですね…。この CPU、個人的にはなかなかの名作だと思ってまして、かなりお安い4コアCPUだったのです。正直、ケチりにケチるのであれば今このCPUでデスクトップ作っても全然現役でいけるんじゃないですかね。

で、このマウスコンピューターのミニタワーというのは 中身はごく一般的な MicroATX規格になっていましたので、自作PCと同じように部品を入れ替えたりできるんですね。今までも謎の電源がプスッっと切れてしまう不具合などで マザーボードを交換したり、電源を交換したり、HDDをSSDに交換したり、ファンを交換したりしながら10年弱使い続けて来たのです。

わたくしかなりの判官贔屓ですので IntelよりもAMDを選びたい衝動がありまして、去年から話題の Ryzen CPUに目をつけておりました。が、総合的なコスパを考えると Intel の第8世代 (Coffee Lake) Core i5がいいんじゃないかなあと心が傾いて参りました。正直今のCore i5ってちょっと前のCore i7を平気でしのいでいるし、特にCore i5 8400 かなり安いし…よし!Core i5にしよう!

ちょっと不安になったのが、今のWindows10を使ったままで AMDからIntelに、つまりマザーボードもCPUも交換するというのがいろんな意味で可能なんだろうか、ということです。一昔前のOSだと、マザーボード変えたらOS入れ直し、というのは当たり前だったのですが。

結論から言ってしまうと、「何一つ問題はなかった」です。マザーボード付属のドライバ類を入れるだけ。

そして、気になった Windows10の再認証に関しても、再認証こそ必要にはなりましたが「何も問題は起こらなかった」です。これに関してはちょっとした環境の差によって問題が出てくるケースもあるのかもしれませんが。実は認証後に SSDも128Gから256GのNVMeに入れ替えたのですが、これは再認証なしでOKでした。

というわけで、6万弱で改造してしたマイマシン、超高速で稼働中です!!

旧:
CPU: AMD Phenom II X4 905e
Mother Board: GIGABYTE GA-78LMT-USB3(Rev.5.0)
Memory: SUPER TALENT DDR3 4GB (DDR3-1333) x2
SSD: SAMSUNG 830 Series 128GB

新:
CPU: Intel Core i5 8400
Mother Board: GIGABYTE H370M-D3H
Memory: CFD W4U2400CM8G DDR4 8GB (DDR4-2400) x2
SSD: WD BLACK PCIe Gen3 x4 NVMe SSD WDS256G1XOC 256GB

ちなみにゲームもしないのでグラボは RADEON R7 250xe を流用。まだギリギリCPU内蔵グラボよりも速いみたいなので。

GIGABYTE ってあたりがちょっと判官贔屓っぷりが入っているかもしれませんが…
もし気が向いたら詳細なレビューもしてみようかな。やめようかな。