この記事は音楽とは無関係です。

わたくしの車は1.4リッターのコンパクトカーですが、今月13年目の車検を迎えました。前回タイヤ交換をしたのが7年前なので、ヒビがけっこうひどくなっておりました。ということで、車検のついでにタイヤ交換をしてみました。

車検の際に タイヤの見積もりもしたのですが、ちょっとイメージよりも高い見積もりでして。実は前回タイヤ交換をしたときにタイヤ交換専門店である横浜都筑のタイヤフィッターさんにタイヤの購入・交換をしましたが、専門店をうまく利用すればタイヤはトータルでかなりの激安になります。ということで、今回もタイヤフィッターさんにお願いしようと決めました。

ただ、前の交換の時から時間が経っていることもあって、ネット通販とタイヤ交換専門店との連携も強化されています。今回、交換はタイヤフィッターさんにお願いしましたが、今はなんとネット通販で買ったタイヤをお店に直送することができるようになっているのです。ということで、タイヤは安くて信頼のおける店で購入し、送付先は交換の得意なタイヤフィッターさんとし、タイヤが到着する頃に交換の予約を入れておけば、手ぶらで交換に立ち会うことが可能になると。すばらしい時代です。

DSC_0124
前に履いていたタイヤの装着当時の写真

   さて。タイヤは何にしようかなと。実は前回奮発して、YOKOHAMA のコンフォートタイヤ最高峰である ADVAN dB をつけたのですが、今回は 13年目ということもあり、ちょっとコスパ重視でいこうかなと思っていました。 最終的に比較したのは MICHELIN の PILOT3、DUNLOPの LE MANS V、そして YOKOHAMA の BluEarth-A AE50。以前 LE MANSは旧型を別の車につけていたことがあったのですが、静粛性をうたっている割りに、それほどでもなかった印象があります。しかし Vになってからの評判は上々。 PILOT 3はスポーツ志向でありながら快適性にも少し舵を切っているわりとロングセラーなモデル。 そして BluEarth-Aは 前につけていた dBと同じ YOKOHAMAの製品で、エコタイヤでありながら快適性にもバランスしているモデルです。値段は紹介した順に安くなっていく感じです。

はっきり言ってタイヤは、値段と触れ込みをもとにエイヤで決める必要がありますね。ということで、根拠なく好きなYOKOHAMAのブランドであり、3つの中でもっとも安く売っている BluEarth-Aに決めました。

DSC_0761
ハイ、これですね。

タイヤフィッターさん、取り付け専門店だけあって手際よく、カー用品店のような長い待ち時間もなく、20分足らずで装着完了しました!

少し走ってみた感想としては、ちょっとした道路の段差で「ガクッ」っという突き上げがわりと目立つようになりました。dBはそれだけ 細かい突き上げをいなしていた、ということになります。dBではこの「ガクッ」という感触が「メリッ」というか、スキマを埋めているような感覚になります。

ただ、快適な幹線道路でのノイズは dBのときとそんなに変わった感触はありませんでした。
いなしの性能に関しては、7年目のdB、恐るべし。でしたが、実はちょっと(0.1だけ) dBの時よりも空気圧を上げてみたので、その影響もあると思います。それを加味してみて、BluEarth-Aもなかなかやるな、という感じです。さらに、 dBは最初についていたタイヤから dBに変えた瞬間に燃費が落ちたのでが、今回はまだ長くは走っていないものの、これまでの平均燃費は dBの時から明らかに上がっています。ということで、それぞれがそれぞれの主張する分野で性能を発揮しており、タイヤの宣伝文句も正しいことを言っている、ということがわかりました。今のところ期待通りというところでしょうか。