だいぶ長い間使っている mineo。とりたてて不満もないし、コミュニティ感出してるのもいいですよね。
いいんですけど、mineoのコミュニティ機能を使っているわけでもなければ、フリータンクは仕様変更されて以来、最近はパケットを放出する一方。

そんな中、スマホの機種変更を行いました。XPERIA Z5 Compact から XPERIA XZ2 Compactへ。この機種変更は大正解でした。 XZ2 Compact 人気なかったようですけど、サックサクになったし、そこそこ安くなってたし、見た目も評判悪いみたいだけど大きさ・形も相まって自分にとってはすごく好きな感じ。

ただね…毎度 LINEの年齢認証を、 DOCOMOのSIMを借りてやるのがいやになっちゃってたので、MVNOで唯一 年齢認証が行える LINEモバイルに乗り換えしちゃいました!まぁ すぐに年齢認証が必要になる場面ってあまりないんですけど、ごくたまに LINE ID を教えてもらって、あ、年齢認証してないから追加できないんですよ、すみません、って瞬間がイヤなもので。

ということで、以下の要領でMNO転入しましたよ。 LINEモバイルに。

0. Amazonでエントリパッケージを購入(これで契約手数料がケチれる)
1. mineoで転出手続き
2. LINEモバイルで申し込み
3. SIMが届く
4. 開通手続き→開通!!

こんな感じです。SIMは宅急便で送られてきました。これがコンビニ受け取りにできないという問題が発生したことで多少手間取りましたが、概ねスムーズにいきました。

さて。まず気になる速度ですが、体感上は、わかるぐらい速くなる場面がある。ただし、ほとんどの時間はほぼ同じぐらい。

mineoは管理用のアプリがあってパケット残量が常に表示されていたのですが、LINEモバイルは、基本的にはLINEアプリで友だち登録した LINEモバイルさん経由で管理をすることになります。
パケット残量はLINEモバイルさんのメニューから1ボタンで知ることができます。

mineoの管理アプリも、深い階層に行くと webページに飛ばされるという動きになっていたのですが、LINEモバイルもそんな感じ。ただし、LINEアプリ経由だとパスワードを再度聞かれることがない、というのが大きな進歩です。mineoは、例えば来月のプラン変更をしようと思ったらブラウザに移り、その際にパスワードを聞かれることがある。また、マイネ王に行くときもさらに別のパスワードを聞かれる。LINEモバイルでは LINEアプリから開いている限りはパスワード聞かれないので、そこでストレスを感じることがありませんでした。(さいしょに契約者登録というものが必要) 

そして、無事LINEの年齢認証も問題なく完了。
そして、mineoは毎月25日以降にプラン変更できない、という制約があったのですが、LINEのDocomoプランはぎりぎりまでできるみたいですね。パケット残量の見極め時期を遅くできるのでこれはいい限定解除です。

まぁ普段使いをしている分にはとりたててメリットというメリットは感じない、というか、今まで通り特に問題は起きなかったのが、一番安心できたポイントでした。

LINEのキャンペーンでポイントがついたり月額の割引があったので、トータルでは結構おトクな移行でありました。

LINEモバイル