Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

カテゴリ: IT

だいぶまえに自宅の音楽用&開発用PCのHDDをSSDにしてからというもの、まったくパフォーマンスに不満を持つことはなかったのですが、ふと最近のパソコンを起動する機会があって、あまりの起動の速さにびっくりしてしまいました。
今やスマホやPCは人の頭脳を補完する存在。自分のPCが遅いと言うことは、自分の頭が悪いということにもなる!!ということで、5~6万の予算で自分のPCをアップグレードすることにしました。

今のパソコンは もともと マウスコンピューターからWindows Vistaの時代に買ったデスクトップ(ミニタワー)パソコンで、CPUは かなりマニアックな AMD Phenom II X4 905e というもの。今調べたら 2009年のCPUですね…。この CPU、個人的にはなかなかの名作だと思ってまして、かなりお安い4コアCPUだったのです。正直、ケチりにケチるのであれば今このCPUでデスクトップ作っても全然現役でいけるんじゃないですかね。

で、このマウスコンピューターのミニタワーというのは 中身はごく一般的な MicroATX規格になっていましたので、自作PCと同じように部品を入れ替えたりできるんですね。今までも謎の電源がプスッっと切れてしまう不具合などで マザーボードを交換したり、電源を交換したり、HDDをSSDに交換したり、ファンを交換したりしながら10年弱使い続けて来たのです。

わたくしかなりの判官贔屓ですので IntelよりもAMDを選びたい衝動がありまして、去年から話題の Ryzen CPUに目をつけておりました。が、総合的なコスパを考えると Intel の第8世代 (Coffee Lake) Core i5がいいんじゃないかなあと心が傾いて参りました。正直今のCore i5ってちょっと前のCore i7を平気でしのいでいるし、特にCore i5 8400 かなり安いし…よし!Core i5にしよう!

ちょっと不安になったのが、今のWindows10を使ったままで AMDからIntelに、つまりマザーボードもCPUも交換するというのがいろんな意味で可能なんだろうか、ということです。一昔前のOSだと、マザーボード変えたらOS入れ直し、というのは当たり前だったのですが。

結論から言ってしまうと、「何一つ問題はなかった」です。マザーボード付属のドライバ類を入れるだけ。

そして、気になった Windows10の再認証に関しても、再認証こそ必要にはなりましたが「何も問題は起こらなかった」です。これに関してはちょっとした環境の差によって問題が出てくるケースもあるのかもしれませんが。実は認証後に SSDも128Gから256GのNVMeに入れ替えたのですが、これは再認証なしでOKでした。

というわけで、6万弱で改造してしたマイマシン、超高速で稼働中です!!

旧:
CPU: AMD Phenom II X4 905e
Mother Board: GIGABYTE GA-78LMT-USB3(Rev.5.0)
Memory: SUPER TALENT DDR3 4GB (DDR3-1333) x2
SSD: SAMSUNG 830 Series 128GB

新:
CPU: Intel Core i5 8400
Mother Board: GIGABYTE H370M-D3H
Memory: CFD W4U2400CM8G DDR4 8GB (DDR4-2400) x2
SSD: WD BLACK PCIe Gen3 x4 NVMe SSD WDS256G1XOC 256GB

ちなみにゲームもしないのでグラボは RADEON R7 250xe を流用。まだギリギリCPU内蔵グラボよりも速いみたいなので。

GIGABYTE ってあたりがちょっと判官贔屓っぷりが入っているかもしれませんが…
もし気が向いたら詳細なレビューもしてみようかな。やめようかな。

とりあえずメモです。

Windows10 anniversary update を適用してから、どうもUSBの調子が悪いので ViaのUSBドライバを入れ直してサインインしたら出たメッセージですが…

usb3Monitor
USB Monitor have already started!
usb3Monitor


なにかと思ったら、usb3Monitorというアプリが32bitのところと64bitのところそれぞれにあって、それぞれStartupに登録されているということらしいです。しかも32bitのところにあるのと64bitのところにあるのは同じ物でした。

ファイルがあるのはこの2つ。
c:\Program Files\VIA XHCI UASP Utility\usb3Monitor
c:\Program Files (x86)\VIA XHCI UASP Utility\usb3Monitor

レジストリのStartupにあるのはこの2つ。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\VIAxHCUtil
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\VIAxHCUtil

…というわけで、どっちかのStartupを消せばよろしいようです。
タスクマネージャーを見ると、すでに起動しているのは前者の方なので、後者を消します。

コマンドラインから regedit を起動して、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\VIAxHCUtil

 これを右クリックして「削除」

再起動。
解決^^v

レジストリをいじるときはバックアップして、くれぐれも慎重に^^!

■umobileが遅くなってきた

半年前に、U-mobileが遅いというウワサに対して、確かに遅いけど許容範囲内じゃないの?という記事を書いていたのですが、ここのところ体感上の遅さが際立ってきました。

実際通勤でWebを見たりしても読み込みにすごく時間がかかるようになってしまったのです。YouTubeもすぐ読み込み中になってしまうし…。実際にダウンロード速度を測ってみたところ、平均的に半年前の約10分の1に。これって動画どころか圧縮音楽でもぎりぎりなのでは…ゆゆしき事態!

■別の業者の検討

ということで、そろそろMVNO業者も各社出そろってきているので、乗り換えの検討を始めました。
わたしはdocomoのSony XPERIA z1fを090番号の通話付きプランで使っているので、docomoのMVNO業者の中から選ぶことになるのですが、候補としてはIIJmio(みおふぉん)、FREETEL、mineoの3つとし、最終的にmineoを選びました。ミネオじゃないよ。マイネオだよ。

■mineoを選んだ決め手は安定の通信速度

 IIJmioは知人が使っており、不満はないということでした。私はほとんど通話はしないのですがU-mobileの半額通話アプリ"U-CALL"はたまーに使って重宝していましたので、IIJmioの同様のサービス「みおふぉんダイアル」は魅力です。
 
FREETELは最近まで激遅といわれていたのですが、最近のバックボーンのすげ替えによりとても速くなったといいます。そして今後も速さをキープする努力を怠らないと宣言しています。また、容量でプランを選ぶ方式ではなく、あまり使わなかった月は月額が安くなるシステム。しかも容量に対する月額は他社と変わらない。半額通話アプリはありません。  あります!→通話料いきなり半額

mineoはネットでの評価で安定してよい評価をもらっているようで、速度の面では一番安心感が高いです。半額通話アプリはありませんが、代わりに050番号LaLaCallが月額無料で使えるようになります。

かなり迷ったのですが、今回の乗り換えの目的は通信速度を上げること。MNPの場合、どれも短期間の契約終了ではお金がかかるので、通信速度の安心をとり、mineoにしました。090番号を持っている自分にとって、050アプリよりは090番号がそのまま使える半額通話アプリの方が魅力的なのですが、通話は自分の場合はほとんど100円未満の世界なのでここでは目をつぶって…使いたければ「楽天でんわ」もあるしね!

■MNPはWEBから。

二年前にU-mobileにしたときは、まだシステムが整備されておらず、移行の過程で1週間ぐらい電話が使えない期間がありましたが、ここ最近 各種業者、SIMが届いてから新SIMに移行できるようなシステムを導入してきています。システムは大きくは「電話で移行」と「Webで移行」の二種類があります。mineoのDプランはもともと「電話で移行」だったのですが、今は「Webで移行」できるようになっています。

マイページからMNP移行のメニューを選んで1時間待つのみ!しかしDプランは先方で手作業が入るらしく、夜6~7時以降に申し込むと以降が明朝になってしまうので注意。

■ホントに速くなったよ!

MNPした直後に速度を測ってみました。 
正直、こんなに速くなると思わなかったのですが、ダウンロードスピードは変更前の50倍ぐらい!?
ちなみに変更前のU-mobileは速度制限かかってんんじゃないの!?ぐらいの遅さですが、制限はかかってません^^;もちろん時間帯や地域によって違うので一概には言えませんけどね。

49


■nano SIMにアダプタをつかって。

ちなみに XPERIA z1f のSIMは micro SIMなのですが、今後端末を変えることを考えてmineoはnano SIMにしました。nano SIMを micro SIM化するアダプタはこちらを使用。特に問題なく使えましたよー。



これからmineo、よろしくお願いします!
ベッキーもがんばれ!

少し前にXPERIA z1fのバッテリー表示がおかしい件の解消法を紹介しましたが、やはりそもそも電池の持ちが低下していることに気づきました。

XPERIAはバッテリーがはめ殺しになっており、正攻法でバッテリー交換を依頼すると5000円以上かかってしまいます。ということで、新しい端末を買うことも検討したのですが それは自前でバッテリー交換をした後でも遅くないだろう、と思い、自前交換の情報を集め始めました。

バッテリー注文

まずバッテリー単体で購入するといくらぐらいかかるのか??
Amazonを検索すると 一番安いやつで Sato-Commerce の互換バッテリーというのが出てきます。

Sato Commerce Xperia Z1f LIS1529ERPC 互換バッテリー ( SO-02F ) 3.8V 2300mAh

※今はこっちの方が安くなってる??
Sony Xperia Z1 Compact 交換用 バッテリー 内蔵電池 ソニー 純正品 PSE


なるほど、1,980円か。評価も悪くないし、ダメもとで注文!

あきらめること

裏ぶたを固定してある接着剤はパッキンの役割を果たしています。完全に同じ状態を再現できる人なら問題ありませんが、このパッキンを再利用する場合は粘着力が弱くなり防水機能が弱まると思われます。防水機能を活用している人は終盤の説明をお読みください。

それから、NFCアンテナの感度、こちらについては以下の説明を引き続きお読みください。

あきらめることと書きましたが、それなりの投資をすればあきらめる必要はありません。


工具

はめ殺しの裏ぶたをあけてバッテリーを外すためには工具が必要です。
  1. 裏ぶたの接着剤をはずしつつこじ開ける工具(硬いポイントカードなど)
  2. バッテリーの固定をはずすためのプラスの精密ドライバー
  3. 裏ぶたを再度固定するための両面テープ

裏ぶたはずし

裏ぶたですが、自分の場合は実は工具を使わず素手で開けました!
DSC00770

でも素手だと裏ぶたもはがれますが爪もはがれます
そこで薄くて硬いポイントカードなどを差し込んで浮いてきたらそっと開口部を大きくしながら開けていきます。ただ、防水のため全周に強力なパッキン兼接着剤と、下部には両面テープが貼ってありますので気を抜かずにやります。

上の写真で、×のところもはずれそうですが○の方をはがします。×の方はネジで固定されている上に、最終的に外す必要のないプラスチック枠です。

DSC00773

バッテリー外し

裏ぶたがはずれたら、次はバッテリーをはずします。バッテリーは左上にあるネジでとまっているだけです。
ネジをプラスの精密ドライバーではずします。z1のバッテリー交換のブログを見ると星形ネジで止まっているとの情報がありましたが、z1fの場合はプラスネジでした。そして前述のプラスチック枠を外す必要はありません。

DSC00776

ちなみにネジの右側にある接点は、NFC・おさいふケータイのアンテナの接点ですよ!

ネジがはずれたら左下の接点をはずします。ちょっと手前に力を入れてひっぱるとはずれます。そしてバッテリーの入っている凹みにドライバーを差し込み、ちょっとずつバッテリーを浮かせていくとバッテリーがはずれます。
 
バッテリーの上側にはNFC・おさいふケータイのアンテナが張り付いています。これをはがして移植する必要があります。

アンテナをはがした後に銀色のシールがのこっています。実はこれはNFCの性能を安定させるためについているものです。できればこれも一緒に移植したいですが、アンテナ以上にベタベタにくっついているので私ははがすことをあきらめました!NFCやおさいふケータイを使っている人は無理をしてでも移植した方がよいかも。全く使えなくはないと思いますが。
DSC00777

予算ある方はこういうのを挟むと同様の効果が得られますよ。 

バッテリー取り付け

そして新しいバッテリーをはめ、ネジを締めて、NFCアンテナを接点に合うようにくっつけます。

DSC00774

左下のバッテリーの接点も押さえて差し込みます。元のバッテリーに付いている接点に、接点を押さえるための樹脂がシールでついているのでそれをはがしてつけておきます。

動作確認

この時点で電源が入ることを確認した方がよいと思います。裏ぶたを軽く閉めて確認します。

裏ぶた取り付け

密閉…といきたいですが、最初に書いたとおり粘着力は弱まっています。 
裏ぶたの周囲はすべてくっついていた箇所なので、粘着力の弱まっている部分を両面テープで補強します。
フタを上から押さえつけて固定して完成!

ちゃんとフタしたい場合はこれを使えばOK!

性能評価

満充電にして空になるまで使い切るというのを最初にやったほうがいいそうです。

以下は最近の動作状況。BatteryMixというアプリを使いました。
良好!通常使いで24時間持ちました。 ビバ! Sato-Commerce !

11

その他

自分でのバッテリー交換は推奨されていない行為です。
作業の結果起こることに関して責任は持てませんのでよろしくお願いします。

バッテリー交換しないまでも工場出荷状態にしただけで直った、という情報もあります。
一度お試しになってみては^^

 


XPERIAで突然電池が切れる問題。

XPERIAのバッテリー交換に関してはこちら
最後に追記があります。

XPERIA z1fを使っていますが、最近になって電池が40%ぐらい残っているのに急に電源が切れる問題が発生しました。「XPERIA充電池 急に0になる問題」です。

こうなってしまう可能性としては以下の2種類です。
  • A. 本当にバッテリーがへたっている
  • B. バッテリーはへたっていないのにXPERIA残量管理がおかしくなっている
どうやらXPERIA特有の現象として2がかなりの頻度で発生するようなのです。
 
確かに「設定→端末情報→機器の状態→電池性能表示」で見ると、まだ充電能力には問題がないように見えます。
 44

…ということはうちのXPERIAも残量表示がおかしくなったのか…。
Webを調べてみて訪ねあたった有効そうな対処法は以下の通りでした。
z1fだけじゃなく z2, z3, z3 compact などでも起きているようですね。

  • a. 電池がなくなって電源が切れたところで
  • b. 電源OFFのままでAC電源につなぎ満充電にし
  • c. 電源を入れて電池がなくなるまで使い切る

これを2回やると直るらしい。

…しかし実践してみても直りませんでした。

で、自分で見つけた対処法はこちら。

  • 1. 電池がなくなって電源が切れたところで
  • 2. 電源OFFのままでAC電源につなぎ満充電にし(かなり時間がかかります)
  • 3. 電源をONにし、いつもシャットダウンするバッテリー残量の寸前(45%)まで使う(かなり時間がかかります)
  • 4. 電源をOFFにし、電源をONにする
  • 5. 電源入れたまま満充電する
  • 6. 4のタイミングでバッテリー残量が0に近くなっていなかったらこれを繰り返す

うまくいくと、なんと、4の時点で45%あったはずのバッテリー残量が8%(=わりと正しい)になっているではありませんか。
どうやらこのタイミングで表示が改善されたようです!!

2のところですが、充電中に電源ボタンを押すと充電状況が確認できます。

 DSC00766

一番上の目盛りまで緑色で埋まっていないとだめですよ。
どうもこの現象になると、そうなるまでかなり時間がかかります。

あと、この作業の途中段階では残量表示がさらにずれることがありました。
症状が悪化することもあるかもしれないのでご注意ください。

でも、あきらめる前にお試しを!

追記 

上記で残量表示の改善はするのですが、重要な事実に気がつきました。
明らかにバッテリーの減りがはやい!
つまりはこれはやはり、バッテリー自体がへたっているのです(私の場合は)。
…ということで、バッテリー交換かスマホ新調か悩み中…

さらに追記

バッテリー交換しました!


このページのトップヘ