Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

カテゴリ: IT

いつの頃からか Windows10 で画像・動画を右クリックすると数十秒待たされる、という状態になりました。同じメディアファイルでも音楽ファイルは大丈夫。

一般的には右クリックにメニューを追加しているアプリが問題を起こしていることが多いので、右クリックメニュー項目の1つ1つを見て、問題のない音楽ファイルと 問題のある画像・動画ファイルのメニューの違いを比較していくと 犯人を見つけやすいです。

自分の場合は、使ってないけどインストールしていた Apple iCloud の共有メニューが問題でした。使ってないからアンインストールするだけ。

スタートメニュー-> 設定 -> アプリ -> アプリと機能 で「このリストを検索」の欄に「iCloud」と入力して出てきたインストーラで「変更」「削除」でOKするだけです。


最近仕事で Windows PC の HP Spectre x360 13 使ってます。

青いシャレオツなやつ。ちょっと重いけど 1TB の SSD 積めて 16GB の RAM を載せられる、このぐらいの大きさのモバイル PC ってスペックで見ても実はほとんど選択肢がないんですよねー。msi のやつが次点でちょっと気になるぐらいか。
んで、結局 Spectre を選択しまして、ちょっと納期待たされたのだけど 使ってみるととても快適、タブレット風になるギミックはほぼ使わないけれど、フツーのノートPCとしてストレスなく使えてます。

ただ… HP は最近
オシャレになったばっかりなので、ちょっと細部をみるとオシャレになりきれてないところがあるんですよねー。急にオシャレに目覚めた同僚が1週間に1回だけ着る服が間に合ってなくて、前から持ってるアニメTを着て来るような…。つまり、ズバリ AC アダプタが無骨すぎる!!

ドデーン!!
DSC_0153

とはいえ、大きさ的にも65Wでこの大きさはかなりがんばっている方なのですが、なぜ??なぜプラグだけこんなことになっているのだ??

ということで、モバイル用に、自腹で充電器買っちゃいました!

DSC_0152

RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112

小さくて軽くて、プラグ部分も折りたためて、こんな USB-C の充電器、やっと出たか!! 

Amazon で商売する 新興メーカーって、技術で勝負しているガチ勢とニセレビューで売り込んで売り逃げする悪徳勢に完全に二極化していて、
特に AC アダプタとかバッテリーは 変なの買っちゃうと火災の危険もあるので、安いだけの怪しいやつに手を伸ばさない嗅覚が必要になってきます。

その点 RAVPower は ANKER、AUKEYと並んで、ガチ勢として技術を武器に大躍進を遂げていますね。

USB PD(Power Delivery) って実はちょっと気をつけないと相性の話とか色々あるのですが、この RAVPower RP-PC112 は HP SPECTRE x360 にバッチリ適合しました!!

大きさの比較はこんな感じで、厚さはまあまあ分厚いけれども、圧倒的に小型。そして HPの 純正はプラグ部分込みで 242g なのに対して、 RP-PC112 は別売りの ANKER の USB PD 対応ケーブル 込みで 130gジャスト。ケーブルなしだと実測で104g でございました!!

DSC_0156

見た目のデザインにも抜かりなく、これはいいですわー。

だいぶ長い間使っている mineo。とりたてて不満もないし、コミュニティ感出してるのもいいですよね。
いいんですけど、mineoのコミュニティ機能を使っているわけでもなければ、フリータンクは仕様変更されて以来、最近はパケットを放出する一方。

そんな中、スマホの機種変更を行いました。XPERIA Z5 Compact から XPERIA XZ2 Compactへ。この機種変更は大正解でした。 XZ2 Compact 人気なかったようですけど、サックサクになったし、そこそこ安くなってたし、見た目も評判悪いみたいだけど大きさ・形も相まって自分にとってはすごく好きな感じ。

ただね…毎度 LINEの年齢認証を、 DOCOMOのSIMを借りてやるのがいやになっちゃってたので、MVNOで唯一 年齢認証が行える LINEモバイルに乗り換えしちゃいました!まぁ すぐに年齢認証が必要になる場面ってあまりないんですけど、ごくたまに LINE ID を教えてもらって、あ、年齢認証してないから追加できないんですよ、すみません、って瞬間がイヤなもので。

ということで、以下の要領でMNO転入しましたよ。 LINEモバイルに。

0. Amazonでエントリパッケージを購入(これで契約手数料がケチれる)
1. mineoで転出手続き
2. LINEモバイルで申し込み
3. SIMが届く
4. 開通手続き→開通!!

こんな感じです。SIMは宅急便で送られてきました。これがコンビニ受け取りにできないという問題が発生したことで多少手間取りましたが、概ねスムーズにいきました。

さて。まず気になる速度ですが、体感上は、わかるぐらい速くなる場面がある。ただし、ほとんどの時間はほぼ同じぐらい。

mineoは管理用のアプリがあってパケット残量が常に表示されていたのですが、LINEモバイルは、基本的にはLINEアプリで友だち登録した LINEモバイルさん経由で管理をすることになります。
パケット残量はLINEモバイルさんのメニューから1ボタンで知ることができます。

mineoの管理アプリも、深い階層に行くと webページに飛ばされるという動きになっていたのですが、LINEモバイルもそんな感じ。ただし、LINEアプリ経由だとパスワードを再度聞かれることがない、というのが大きな進歩です。mineoは、例えば来月のプラン変更をしようと思ったらブラウザに移り、その際にパスワードを聞かれることがある。また、マイネ王に行くときもさらに別のパスワードを聞かれる。LINEモバイルでは LINEアプリから開いている限りはパスワード聞かれないので、そこでストレスを感じることがありませんでした。(さいしょに契約者登録というものが必要) 

そして、無事LINEの年齢認証も問題なく完了。
そして、mineoは毎月25日以降にプラン変更できない、という制約があったのですが、LINEのDocomoプランはぎりぎりまでできるみたいですね。パケット残量の見極め時期を遅くできるのでこれはいい限定解除です。

まぁ普段使いをしている分にはとりたててメリットというメリットは感じない、というか、今まで通り特に問題は起きなかったのが、一番安心できたポイントでした。

LINEのキャンペーンでポイントがついたり月額の割引があったので、トータルでは結構おトクな移行でありました。

LINEモバイル

スマートEX、便利ですね。
スマホやPCで新幹線のチケット予約をしておいて、乗るときは登録したsuicaを改札にかざすだけ。
以前はえきねっとを使っていましたが、えきネットの場合、切符を駅で受け取ることが必要で、しかも受け取る駅に制約がある。それに比べると 紙の切符を受け取る必要もなく紛失の心配もないので、安心感もアリです。一度 新幹線の切符を落としたことがあり、それはえきねっとで買ったので、購入証明もできるはずなのに、JRからは落としたら終わりです、の一点張りで悔しい思いをしたことがあります。
ということで、スマートEX、使い始めてからまだ1年弱ですが、便利に使ってます。

さて先日、例の姫路の新幹線の人身事故で東海道新幹線全線が止まってしまったとき、偶然新幹線に乗っていたんです。しっかりA席に予約をしていたのでスマホの電源はとれ、幸いにLTEもつながる場所で立ち往生していたので、動画を見ながらゆっくり過ごせて とくにいらだちも不満もなかったのですが、降りる直前、「2時間以上遅延したので特急料金を返金します」とのアナウンスが。

なんと。ゆっくり出来た上に数千円返金されるのはありがたいこと。アナウンスには続きがあり、「新幹線出口の窓口は混み合っているので、証明書だけ受け取ればどの駅でも返金可能」とのことでした。
新幹線を降りると、確かに係員のいる出口は長蛇の列。まあひとまず係員のいない出口から出て、証明書をどこかで受け取るか。スマートEXでは改札入ったタイミングで紙がでてくるので乗った証明もあるしね。そう思って改札を出て、改札外の窓口に並ぼうとしたのですが。「スマートEXのお客さまは、自動改札から抜けた場合は証明がつきますので自動返金されます」とのこと。

おお。なんと便利。これはJRにとっても客にとっても非常に便利な機能ですね。しかもめったに返金なんてされることはないので、特異な現場に立ち会えてちょっとうれしい。

一応このことはスマートEXの詳細に書かれているのですが、実際に体験したわたくしからのご報告でした!

だいぶまえに自宅の音楽用&開発用PCのHDDをSSDにしてからというもの、まったくパフォーマンスに不満を持つことはなかったのですが、ふと最近のパソコンを起動する機会があって、あまりの起動の速さにびっくりしてしまいました。
今やスマホやPCは人の頭脳を補完する存在。自分のPCが遅いと言うことは、自分の頭が悪いということにもなる!!ということで、5~6万の予算で自分のPCをアップグレードすることにしました。

今のパソコンは もともと マウスコンピューターからWindows Vistaの時代に買ったデスクトップ(ミニタワー)パソコンで、CPUは かなりマニアックな AMD Phenom II X4 905e というもの。今調べたら 2009年のCPUですね…。この CPU、個人的にはなかなかの名作だと思ってまして、かなりお安い4コアCPUだったのです。正直、ケチりにケチるのであれば今このCPUでデスクトップ作っても全然現役でいけるんじゃないですかね。

で、このマウスコンピューターのミニタワーというのは 中身はごく一般的な MicroATX規格になっていましたので、自作PCと同じように部品を入れ替えたりできるんですね。今までも謎の電源がプスッっと切れてしまう不具合などで マザーボードを交換したり、電源を交換したり、HDDをSSDに交換したり、ファンを交換したりしながら10年弱使い続けて来たのです。

わたくしかなりの判官贔屓ですので IntelよりもAMDを選びたい衝動がありまして、去年から話題の Ryzen CPUに目をつけておりました。が、総合的なコスパを考えると Intel の第8世代 (Coffee Lake) Core i5がいいんじゃないかなあと心が傾いて参りました。正直今のCore i5ってちょっと前のCore i7を平気でしのいでいるし、特にCore i5 8400 かなり安いし…よし!Core i5にしよう!

ちょっと不安になったのが、今のWindows10を使ったままで AMDからIntelに、つまりマザーボードもCPUも交換するというのがいろんな意味で可能なんだろうか、ということです。一昔前のOSだと、マザーボード変えたらOS入れ直し、というのは当たり前だったのですが。

結論から言ってしまうと、「何一つ問題はなかった」です。マザーボード付属のドライバ類を入れるだけ。

そして、気になった Windows10の再認証に関しても、再認証こそ必要にはなりましたが「何も問題は起こらなかった」です。これに関してはちょっとした環境の差によって問題が出てくるケースもあるのかもしれませんが。実は認証後に SSDも128Gから256GのNVMeに入れ替えたのですが、これは再認証なしでOKでした。

というわけで、6万弱で改造してしたマイマシン、超高速で稼働中です!!

旧:
CPU: AMD Phenom II X4 905e
Mother Board: GIGABYTE GA-78LMT-USB3(Rev.5.0)
Memory: SUPER TALENT DDR3 4GB (DDR3-1333) x2
SSD: SAMSUNG 830 Series 128GB

新:
CPU: Intel Core i5 8400
Mother Board: GIGABYTE H370M-D3H
Memory: CFD W4U2400CM8G DDR4 8GB (DDR4-2400) x2
SSD: WD BLACK PCIe Gen3 x4 NVMe SSD WDS256G1XOC 256GB

ちなみにゲームもしないのでグラボは RADEON R7 250xe を流用。まだギリギリCPU内蔵グラボよりも速いみたいなので。

GIGABYTE ってあたりがちょっと判官贔屓っぷりが入っているかもしれませんが…
もし気が向いたら詳細なレビューもしてみようかな。やめようかな。

このページのトップヘ