Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

カテゴリ: 楽器

スネアのスナッピー(響き線)はスネアを買うと必ずついてくる付属品です。
そして、そのスネアの音の方向性にぴったりなスナッピーがついている…

…はずなのですが、CANOPUSのVintage Snare Wire(ビンデージスネアワイヤー)を使うと その吸い付き感にはびっくりで、ちょっとドーピングしてるかのような気分になります。

DSC_0097


スナッピーのザラっていう音って、締め方にもよりますけど、大きく叩いたときはスッと吸い付くようにザラっと鳴り、弱く叩いていくとだんだん反応が鈍くなって音の止まり方もルーズになっていくようなイメージがあるのですが、Vintage Snare Wireでは吸い付きがピアニシモのタップでも持続します。ザラっと鳴ってスッと音が消える。

初めてこれを体験したのは CANOPUS Neo Vintage NV60-M1のスネアドラムを買ったとき。枯れた感じの胴の鳴りも好きだったのですが、何か決定的に違うなと思って行き着いたのが、Vintage Snare Wireを装備している!!というところだったのです。特にこのスネアとの組み合わせはサイコーで、いろいろ使ってきたけどもうしばらくこれだけでいいや!!と思えたほどです。

結局その音がいい音か好きかという話にはなってくるのですが、一つ言えるのは、反応がとてもよくて「叩くと気持ちいい!!」これに尽きます。スナッピー替え時の方・ちょっと使う機会を失っているスネアを持っている方はVintage Snare Wireをぜひぜひ試してみてほしいです。

サウンドハウス CANOPUS ( カノウプス ) / CPSL-14DR サウンドハウス CANOPUS ( カノウプス ) / CPSL-14DR


CANOPUSには Speed Star Bearing(スピードスターベアリング)という、もう一つのドーピンググッズがありますが、これに関してはまたの機会に(ただ、迷ってる人は即買いです)。


EVANS RealFeel使ってみました。

ドラムは騒音の問題で、よっぽど恵まれていないと家で練習をするのが大変です。
ということで練習パッドを使うことになるのですが、どうもしっくりこなくて練習から遠のいてしまいます。

でも最近なかなかいいのを見つけましたよ。EVANS RealFeel!
DSC_0067

練習パッドで困ること

パッドっていろいろ問題があって、

  • 実際のドラムの感触と違う
  • パタパタと意外と大きい音がする
  • スタンドにセットすると階下に響いてしまう
などなど。 

今までに試したやつは…

ジェル状のタイプ

モチみたいな感触で、バウンドしにくい感じです。
そのためフィンガーコントロールの練習には最適ですが、ずっと使っているとヌルヌルベタベタな感触になってきます。

足に巻くタイプ

スタンドを使わなくていいので階下に気を遣う必要がなくなります(ちょっと気にはした方がいいけど)
でも足の位置は本来叩く位置よりも近すぎて、なかなか練習になりません。
 

EVANS RealFeel特徴

こちらのEVANS RealFeel(6インチ・RF6GM)は、スタンドにつけるタイプなのですが、木製の台座がしっかりしているので膝の上にのせて使っても比較的安定しています。
そして、台座の裏に緩衝材がついているので机において使うこともできます(やや響きます)
DSC_0068

感触はゴムパッドに近いのですが比較的リバウンドは抑えられていて、音も柔らかめです。
練習パッドはモノによっては手首にズキっとくるやつもありますが、これはかっちりした感触でありながらソフトなものです。
 でかい12インチのやつ(RF12G)とか6インチのやつ(RF6GM)とか、他に何種類かあるのですが、自分が買ったのは6インチのやつ。
DSC_0066


うちで使うのなら12インチのやつでもよかったかなーと思いますが、6インチはとにかく気軽に手に取れるので、ついついサボってしまう自分にとってはそこがポイントでした。あと、12インチの方はネジ式のスタンドにはつけられないのですよー。

革命的なものではありませんが、総合的なバランスにすぐれた練習パッドだなと思います。
店頭に置いてあるところも増えたので、わりと定番になっているのかな?おすすめです。
 

ラインナップ

RealFeelは種類が多すぎてよくわからないラインナップなんですけど、違いは以下のようになってます。
RF12G12インチ。裏はクッション。
RF12D12インチ。裏表で違うフィールのパッド。
RF6GM6インチ。裏はクッション。ネジ式スタンド取り付け型。
RF6D6インチ。裏表で違うフィールのパッド。
ARF7GM7インチ。裏はクッション。ネジ式スタンド取り付け型。打面が薄めで音デカめ。

6インチと7インチの違い

6インチと7インチというよく分からないラインナップですが、7インチは打面が薄めで音がデカめです。うちで使うなら静粛性の高い6インチがおすすめです。

※サウンドハウスは直輸入盤なので安いのです。
サウンドハウス EVANS RealFeel RF6GM
サウンドハウス EVANS RealFeel RF12G

RF6GMRF12G

ビーターの種類

バスドラムのビーター、何をお使いでしょうか。
フェルトのビーター、木のビーター、樹脂のビーター、いろいろありますが、音で選ぶなら断然フェルト派です。ドーン、って感じの深みがたまらない感じです。木や樹脂のビーターはボコっとかベチっていうアタック感が欲しい人には人気ですね。

dwペダルに付属のビーター

わたくし dw5002td3 (dw5000シリーズ、ターボドライブ)のペダルを使っています。 このペダルに付いているビーターはフェルトと樹脂の2ウェイビーターなのですが、 このビーターがなかなかくせ者でして。若干樹脂の方に重心があるため、フェルトの方を使うと何か打ち付ける直前にブレーキがかかったような、そんな感覚になります。

試しに樹脂の方を使ってみると、これはすごくしっくりと力が入る感じです。つまり踏み心地を選ぶなら樹脂、音を選ぶならフェルト、というどっちつかずなことになってしまうのです。

DANMAR 206導入!

P1010044


そこで試しに買ってみた フェルトビーター、 DANMAR(ダンマー) 206ですが、結論から言うと自分には最高のビーターでした!ドォーン、という王道の大太鼓サウンドで、踏み込みの心地よさも完璧です。

ただ、自重が重いので、ペダルを選ぶかもしれません。YAMAHAの軽めのペダルに試しにつけた感じでは、付属のビーターに比べてかなり重さを感じてしまいました。dw5000シリーズをお使いの方に個人的にはおすすめします!

色のついたやつはどうなの?

DANMAR 206を調べてると、206にはいろんな色のカラフルなビーターがあることがわかります。これ、オレンジ色のやつを買ってみたのですが、音が多少硬くなります。そして、塗料が塗ってあるだけなので、使っているうちにハゲてしまいます。個人的には音が硬くなってフェルトビーターの良さが生かせないように思いますので、あまりおすすめできません。(他の色はわかりません^^)

サウンドハウスは直輸入品なので安いです!


DANMAR ( ダンマー ) / 206
サウンドハウス DANMAR / 206
DANMAR ( ダンマー ) / 206 Orange
サウンドハウス DANMAR / 206 Orange

ドラマーがスティック買って、ペダル買って、スネアを買ったら、ちょっとしたエフェクトシンバルが欲しくなってきます。代表的なのはチャイナシンバルとスプラッシュシンバルでしょうけど、持ち運びや値段を考えるとスプラッシュシンバルの方がお手軽で手が出しやすいのではないでしょうか。

しかし、スプラッシュシンバルとしてたくさんある中で何を買えばいいのか、あまり自分の好みが定まっていない最初のうち・初心者のうちは迷ってしまいます。

そういうときにおすすめできそうなのが、スタジオやライブハウスにわりと標準的に使われているランクのシンバル類とうまくなじむ音を出すスプラッシュシンバルです。なじむというのは同じ傾向の音というわけではなく、他と比べて引けをとらない質のよい音、という意味です。特にスプラッシュシンバルは高く印象的なサウンドですので、いくら安くても 安っぽく浮いてしまう音だったりドラムセットの中で埋もれてしまうような音ではむしろ組み込まない方がよかった、という結論になってしまうこともあります。

そんなときこの SABIANのXS-20 10インチがよい感じなのです。

xs20

これ、わりとリーズナブルなのですが気持ちいい音を出します。
ピシッと軽すぎない歯切れよい音が出て、よく練習スタジオに入っている SABIANのAAシリーズなどと一緒にたたいてもうまくなじみますし、AAシリーズよりもリーズナブルです。AAもXS-20もキャストシンバルと言って、金属の流し込みで製造されているものです。これより安くなってくるとシートシンバルと言ってキャストシンバルの中に組み込むとちょっと薄っぺらい存在感のない音になってしまうので、最低限ここから、というレベルの音でもありますし、今後いろいろ買ったとしてもバリエーションの一つとして十分に戦力になる一枚です。もちろん実際に音を聞いてみて、シートシンバルの音が出したい場合は全く問題ないですけどね!

 

XS-20がセットで入っている練習スタジオは見たことありませんが、他の大きさも明るく軽快な感じでよいですね。

SABIAN XS-20 SPLASH 10
SABIAN XS-20 SPLASH 10
(サウンドハウス)

同期演奏がしたい!どんな機材が必要?



r8


自分はドラマーなのでドラマーの慢性不足には何ら困らないのですが、どちらかというとキーボーディストが少なくて困ったりします。ピアニストはたくさんいてもキーボーディストは別物ですからね。もしくはDTMをやっている人は打ち込みは得意だけどリアルタイムの演奏は苦手、と言う人が多いかもしれません。ということで、最近のライブではドラムをシンセの打ち込み音に合わせてたたく(=シンセとの同期演奏)、という需要が多くなってきました。

しかしいざ同期演奏を始めようと思ってもあまり情報がなく、いろいろ調べたことをレビューっぽくメモしておきます。

アマチュアならばZOOM R8一択!



自分の演奏イメージとしては、まず、シンセの音はPC上でつくっておいて、それをライブハウスやスタジオのミキサーに出力することを考えます。そして、テンポを見失わないようにドラマーにはヘッドフォンでシンセ音+クリック音(=ドンカマ=メトロノーム)を出力します。ライブではドラマーである自分がシンセの音を開始し、クリック音に合わせてカウントを出してバンドの演奏を始めるのです。

模式図

このプランをパワーレックという楽器屋さんで話したら、「ZOOM R8」がおすすめですと言われました。え?R8?MTR(マルチトラックレコーダー)じゃん。マルチトラックレコーダーってドラムやベースやギター・歌を重ね録りしてミックスをして、楽曲を作るときに使うアレですよね。

でも、あとから考えるとこれ、まさにうってつけで、よく勉強していらっしゃる店員さんでした。

その理由は…

  1. PCなど外部で作ったwavファイルをインポートできる
  2. クリック音はヘッドフォンにだけ出すこともできる
  3. クリック音はプリセットの他、外部で作ったwavファイルを指定できる
  4. MTRにしては比較的小さくて軽い
  5. 専用機なので、PCを使ったときに起こるようなトラブル(フリーズなど)が起こりづらい

特に 3は上位機種にもついていない機能ですが自分の場合これがないと成立しない、重要な要素でした。
5の専用機というのも結構重要で、macでライブをしているときにフリーズして動かなくなる状況を客として何回か目の当たりにし、あの気まずい思いは出演者としては味わいたくないなあと思っていました。ライブのときに音をリアルタイムで変えるなど複雑なことをしない限りはPCやmac、あるいはタブレットでなくてもよいですしね。



クリック音としてwavファイルを指定できる



これ、お店で説明されたのですが、解釈としては2つ考えられます。どちらでしょう?
  1. wavファイルで作られた1音をのクリック1音として割り当てられる?
  2. 長いwavファイルを、クリック音の代わりに連続で流せる?

答えは2で、あるトラックにwavファイルをロードしておいて、クリック音(メトロノーム)としてそのトラックを指定すれば、クリックが鳴るべきところでそのトラックの音がそのまま鳴ってくれます。

通常のトラックとして使うのと、クリック音としてトラックを指定するのと何が違うのかというと、
クリックは出力先をマスターの出力、ヘッドフォンの出力別々に指定できるのです。練習の時にバンドメンバーにもクリック音を聞いてほしいときはマスターとヘッドフォンに出力、ライブの時はヘッドフォンだけに出力など。

36


トラック自体がクリック音として使えると何がよいのかというと、PC上で開始の合図などをあらかじめクリック音にミックスして作り込むことができます。この音が鳴ったら開始、など。プリセットのクリック音だとこうはできませんね。とても重宝しています。

つまり、PCではシンセ音・クリック音を作って別々のファイルとして出力し、各トラックにそれぞれインポートしてクリック音のトラックはメトロノームとして指定しておけばよいということになります。

ライブで使えるシーケンスモード



R8は他の多くのMTR機材と同じで、1曲ごとにプロジェクトというものを作り、その中に複数のトラックを作成していくという流れをとっています。これ、曲作りの時にはしっくりする流れなのですが、同期演奏をしたいだけなのに曲が変わる度にメニューからプロジェクトを選んで…というのをやるとライブのよい空気感をそこなってしまう場合があります。
そこで、R8にはシーケンスモードというものが存在し、ライブなどの進行に合わせてプロジェクトの順番を決めておくことができます。シーケンスモードで再生をするとあらかじめ指定していた通りに再生が連続的に行われます。止めたいときは停止を押せばよいし、次の曲にいくのも簡単です。ちょっと操作が特殊ですが慣れると便利です。

※シーケンスモードを使うには「マスタートラック(ミックス済みトラック)」をあらかじめ作っておく必要がありますので、お忘れなく!

実は一石四鳥



このR8、同期演奏の他、そもそもMTRなので前述した重ね録りにももちろん使えるのですが、ASIO対応のオーディオインターフェースとしてDTMでのギター録音などにも使えますし、さらにつまみ類はDTMのMIDIコントロールパネルとしても使えます。自分はこれらの用途では使ってませんが、いろいろ機材そろえたい人にはこれだけでそろってしまうというのも魅力だと思います。



注意点をひとつ。



ヘッドフォン出力とマスター出力、どちらにも出力レベルの調整つまみがついていますが、マスター出力をライブのときにうっかりいじってしまうとオオゴトになってしまいます。自分でどの位置に合わせているか覚えておき、演奏前に常に確認することがだいじです。

しかしZOOMはユーザー目線のよい製品をつくりますなー。値段も魅力

ZOOM R8 MTR
ZOOM R8(サウンドハウス)

このページのトップヘ