Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

カテゴリ: その他

だいぶまえに自宅の音楽用&開発用PCのHDDをSSDにしてからというもの、まったくパフォーマンスに不満を持つことはなかったのですが、ふと最近のパソコンを起動する機会があって、あまりの起動の速さにびっくりしてしまいました。
今やスマホやPCは人の頭脳を補完する存在。自分のPCが遅いと言うことは、自分の頭が悪いということにもなる!!ということで、5~6万の予算で自分のPCをアップグレードすることにしました。

今のパソコンは もともと マウスコンピューターからWindows Vistaの時代に買ったデスクトップ(ミニタワー)パソコンで、CPUは かなりマニアックな AMD Phenom II X4 905e というもの。今調べたら 2009年のCPUですね…。この CPU、個人的にはなかなかの名作だと思ってまして、かなりお安い4コアCPUだったのです。正直、ケチりにケチるのであれば今このCPUでデスクトップ作っても全然現役でいけるんじゃないですかね。

で、このマウスコンピューターのミニタワーというのは 中身はごく一般的な MicroATX規格になっていましたので、自作PCと同じように部品を入れ替えたりできるんですね。今までも謎の電源がプスッっと切れてしまう不具合などで マザーボードを交換したり、電源を交換したり、HDDをSSDに交換したり、ファンを交換したりしながら10年弱使い続けて来たのです。

わたくしかなりの判官贔屓ですので IntelよりもAMDを選びたい衝動がありまして、去年から話題の Ryzen CPUに目をつけておりました。が、総合的なコスパを考えると Intel の第8世代 (Coffee Lake) Core i5がいいんじゃないかなあと心が傾いて参りました。正直今のCore i5ってちょっと前のCore i7を平気でしのいでいるし、特にCore i5 8400 かなり安いし…よし!Core i5にしよう!

ちょっと不安になったのが、今のWindows10を使ったままで AMDからIntelに、つまりマザーボードもCPUも交換するというのがいろんな意味で可能なんだろうか、ということです。一昔前のOSだと、マザーボード変えたらOS入れ直し、というのは当たり前だったのですが。

結論から言ってしまうと、「何一つ問題はなかった」です。マザーボード付属のドライバ類を入れるだけ。

そして、気になった Windows10の再認証に関しても、再認証こそ必要にはなりましたが「何も問題は起こらなかった」です。これに関してはちょっとした環境の差によって問題が出てくるケースもあるのかもしれませんが。実は認証後に SSDも128Gから256GのNVMeに入れ替えたのですが、これは再認証なしでOKでした。

というわけで、6万弱で改造してしたマイマシン、超高速で稼働中です!!

旧:
CPU: AMD Phenom II X4 905e
Mother Board: GIGABYTE GA-78LMT-USB3(Rev.5.0)
Memory: SUPER TALENT DDR3 4GB (DDR3-1333) x2
SSD: SAMSUNG 830 Series 128GB

新:
CPU: Intel Core i5 8400
Mother Board: GIGABYTE H370M-D3H
Memory: CFD W4U2400CM8G DDR4 8GB (DDR4-2400) x2
SSD: WD BLACK PCIe Gen3 x4 NVMe SSD WDS256G1XOC 256GB

ちなみにゲームもしないのでグラボは RADEON R7 250xe を流用。まだギリギリCPU内蔵グラボよりも速いみたいなので。

GIGABYTE ってあたりがちょっと判官贔屓っぷりが入っているかもしれませんが…
もし気が向いたら詳細なレビューもしてみようかな。やめようかな。

個人的にはWindowsの音楽管理アプリが MediaGo がシンプルで好きだったのですがどっかの会社の事情で SonicStage あらため x-アプリ あらため Music Center for PC に乗り換えよと。
TuneBrowser

そう、Music Center for PC って MediaGoの前にソニーが音楽管理アプリとして推奨していた x-アプリを名前変えて出しなおしたものなんですよね。基本的には。ソニーは分社化やなんやらで MediaGoをWalkmanのアプリとして使えなくなったもんだから、モトサヤの x-アプリに戻すと、そういうことなんです。これまでもソニーの一貫性のない音楽管理アプリ戦略のおかげで僕のPCの楽曲保存領域はそれぞれのアプリフォルダに断片化しまくっていて、もう勘弁してほしいです。

というわけで、乗り換えはやめてMediaGoと心中してやろう、と覚悟を決めたのです、その矢先に MediaGoの脆弱性ニュース。もうサポートしてないから Music Center for PCに乗り換えてねと…。ふざけるなと。
まあそんな脆弱性を利用するヤツはまずいないだろうから無視しててもよかったんですが、MediaGoでCDをリッピングすると、CDによって曲の頭がどもってしまう現象が起こっていたんですよ。これはちょっといただけないかなと。やっぱり Music Centerしかないのかなぁ…心中の覚悟はもろくも崩れ去り…

いったんは Music Center for PCへ。

気は進まなかったのですが、ひとまず Music Center for PCを落としてきてインストールしてみたのです。Music Center for PCは x-アプリ時代に WASAPIやASIOのサポートをするなど、なかなかツウ好みのアップデートをしてきたのでそういう点では評価できるのですが、予想通り…というか、5.6MHzのDSDが扱えないなど、微妙にMediaGoとの互換ツールとしては使えない事態になっております。
まぁ、MediaGoのDSDはソニーのハードのみサポートというこれまた器の小さいことをやっていたので、どっちもどっちなのですが。

そして、どうしても許せないのは、停止ボタンを押したときの挙動。なんでこんな生ぬるいフェードアウトで止まるんでしょうか。止めたいから停止ボタンを押してるんだぜ。急ブレーキ踏んでるのにふんわり止まってる場合かよ。さいきんのメディアプレーヤーの流行りかもしれないけど、これはせめてON/OFFできないと話になりませんぜ。

ということで、もうソニー純正はあきらめて、音楽管理アプリ探しの旅に出かけたのでした。
foobar2000とかもちろん知ってますけど、あのB級感ただようUIはちょっと音楽を聴く気分がなえてしまうのでちょっと。

■ MusicBee

これはなかなかよいですぞ。
プレイリストの設定をすれば、Walkmanへの転送もアプリから行える。
停止フェードが生ぬるいのはMusic Centerと同じなのですが、これは設定でオフにできる。
いいね、これに決定!
…と思いきや、今度はCDリッピングのときに使う楽曲情報データベースに日本の曲が登録されていないのか、全然違う曲情報を拾ってくるですよ。再生アプリとしてはよいのに、残念!

■こんにちは TuneBrowser

最近は持ち歩く音楽と言えばGoogle Play Musicに全曲上げて、スマホで聴いてるので、もうWalkmanへの転送は二の次でいいんじゃないか?と思ってきました。Google Play Musicに上げると、せっかくのFLACが320kbpsのAACに圧縮されちゃうんですが、まあ外で聴くときはそれでいいんじゃないかと。

ということで、目下PCのアプリの目的はリッピング+おうちのDACで再生。

いろいろ探した結果、すごいのありましたよ。 TuneBrowser。これは本気のプレーヤーでございます。
みためはカジュアル感を保っておきながら、いったん設定に入ると、カスタマイズできる項目が半端ないです。

ASIO、WASAPIもちろん対応。そればかりか、再生時に任意のサンプリングレートにアップサンプリングしてくれるので、PCMのザラザラ感まで伝わってくるような高解像度で再生可能。DSDにももちろん対応。ってか、これ作っている方は自力で調べて、デコード自前でやってるんですよ。多くのメーカー製アプリのDSD再生は某社のOEMで、こだわりのかけらもないというのに。で、さっきの停止フェード問題。これはTuneBrowserもご多分に漏れずなのですが、とうぜん設定変更可能。デフォルトは確か200ミリ秒なんですが、停止時のフェードなんて10ミリ秒で十分。CDリッピング時も、なじみのあるCDDBから楽曲情報をとってきてくれる。
そして、リッピングした楽曲の保存場所もカスタマイズ可能。今までのMediaGoのフォルダにMediaGoと同じお作法で保存するように設定可能。

Walkmanへの転送は…どうやらできなそうですが、まあこれはD&Dでもできるし最近はやらないので別にいいや。

実は有償アプリで、まだ試用期間中ですが、これはおそらく買っちゃうな。
魂のこもったアプリを作る人は全力でサポートします!

ゴブサターン。

今どき、カーナビって必要なの?

カーナビってすっかり下火になってしまって、スマホとグーグルマップでいいじゃん、ということになっています。

z904



一方でメーカーもそれを察知してか、固定電話のように進化が止まっている。
タッチによる操作性もスマホのヌルサクと比べるとイマイチ、今どきの音楽メディアへの対応も遅れている、PCやスマホではあたりまえにできることがカーナビではまだできない、ということが多くなってきました。

でも、スマホだとやっぱりわざわざ車の中で開くの面倒だし、ナビ品質もPND並だし、ずっと親切なカーナビ使ってた人にとってはあまりにドライな存在なんですよねー。コンシェルジュという意味ではいまだにカーナビの方がスマホよりもずっと先を行っていますし。

カーナビ繁栄の日々の思い出

10年前まではカーナビといえばカロッツェリア、パイオニアのサイバーナビと楽ナビが席巻していました。サイバーナビはうんと未来の物語のようなことを実現し、次の年の楽ナビがそれに追随し、サイバーナビはさらに先に行く。

Web2.0なんて言われていたころに本当に使える集合知であるスマートループ(渋滞情報共有)を作り上げたサイバーナビはエンジニアとしてもまぶしい存在でした。

ガラケー状態のカーナビ

ところが、ITの世界はここ何年かで もうすごいことになっています。
技術はオープンソースのもとにエンジニア間で共有され、ものすごい勢いで進化していく。開発環境も進化して、同じことを実現するにも今までの何倍もの速さで実現できてしまう。

センサー+頭脳という意味ではカーナビもスマホと同じなのですが、各メーカーで独自路線、クローズな特色を打ち出しているのはちょっと前の和製パソコンやガラケーと同じ。

商品としては個性的で面白いところもあるのですが、前時代的なほころびが見え隠れしてしまっています。

孤高のケンウッド

しかし!
そんな中でも、最近のKENWOODの彩速ナビはアツい!どうしちゃったの!?笑

もともとナビ(案内)の品質はカロッツェリアとストラーダ(パナソニック)、アルパイン、と言われていた中で、B級のイメージを払しょくできなかったケンウッドのナビですが、ここ最近の他社のやる気のなさの中では燦然と輝く存在です!!

なにしろ今どきのハイレゾオーディオに対する対応がホンキです。
なんと一般向けのカーオーディオでDSD対応!!(PCM変換、とのことですが、実は世の中にPCM変換するDSDプレーヤーはたくさん存在しており、変換しているからといって必ずしも音が悪いとは限りません。それについては機会があれば改めて)

また、DSD対応!と名乗るからには周辺の部品もそれなりのものを用意することになるわけなので、ハイレゾではないソースの音質向上にも大いに期待できます。

そして操作性。中途半端にスマホ風の操作感を取り入れた他社も多くある中で、極めて自然なスマホ的ユーザーインターフェースです。

ナビ品質に関しても着々と向上を続けており、すでに他社と比較してもそん色ないレベルに来ているのではないかと思います。これに関してはまだほとんど検証していないのでまた後日。

ともかく、シェアがとれないからって努力しないですぐ撤退してしまうような会社とは違う、執念の製品ではないかと思います。彩速ナビ2017年モデル。

うちのカーナビ7年目

さてさて、すでにご紹介している通り、わたくしは楽ナビのHRZ900のユーザーだったわけなのですが、音楽好きの立場からするとこの音質がびっくりするほどいただけない。

基本モッコモコサウンドで、グライコがついているのですが調整できる周波数が中途半端なところまでしかないので、どう調整してもシャッキリしないのです。さらに前はサイバーナビユーザーだったりもして、D/Aチップにお金がかかっていると明らかにで音が変わるのを知っていたので、これはスピーカーではなくてこの楽ナビの問題なんだろうなぁと思っていました。

買っちゃった!!

まあその状態でずっと我慢してたのですが、急にハイレゾナビへの興味が深まってまいりまして、オートバックスのセールやケンウッドのキャッシュバックにも惹かれ、ついに付け替えてしまいました!!彩速ナビ、MDV-Z904です!!

Z704と迷ったりもしたのですが、オートバックスの限定モデルであるZ904Aは地図情報が3年間更新無料ということで、値段差を埋めてあまりあるという判断をしまして、男らしく最上位モデルであります。

ハイレゾということで、ハイレゾ再生するためにはハイレゾ対応のスピーカーつけてもっと高域が鳴らせるようにしましょうね、という売り方をしています。

が、自分の部屋での経験からハイレゾ対応スピーカーにしなくてもハイレゾは十分楽しめることがわかっています。ということで、今回は標準装備のBOSEのままで。

昼に取り付けをお願いして、6時間半後に取り付け終了でした。

z904-2

左側がムキダシに見えますが、これはカスタムパネルの問題で、ナビのせいではありませんよ。

早速試聴!

FLACの音源を前もってSDカードにコピーしておいたのですが、ハイレゾ・CD音質含めて、今までとはっきり違いの分かる音質。
もちろん楽ナビは圧縮音源だったのでその違いもあろうかと思いますが、それ以前にわかる輪郭のシャッキリさ。


ototoyで H ZETTRIOのハイレゾとか買ってたんですけどね。これいい環境で聞くとバッキバキのベースにドラムのチンチキ(言い方が陳腐^^)がシャッキリ出てとてもいいんですよ!

そしていままでついていたDSPの音場効果はどれもモワーン、とごまかすだけの使えないものだったのですが、ピュアオーディオ派の自分でも積極的に使いたくなるような高品位な音場効果。

カタいベースのゴリゴリ感がいまのところうまく表現できていない気がするのですが、それでも同じスピーカーから流れてくる音楽とは思えない違いで、さらに追い込むならスピーカー交換しかないかなぁとも思います。

タイムアライメントとかスピーカーのコンフィグレーションとか、細かい設定はいろいろあるのでおいおいまた調整する楽しみはあろうかと思いますが、ひとまずフラットな状態でもう異質なよい音が聞けてとても満足です。

うーん。音質編と言っておきながら、かなりざっくりな話しかしてないんですが、いや、美味しんぼのようなオーディオのほめ言葉を使うまでもなく、明らかに違うんで、車の中で音質なんてわかるかよ、と思っている人にはぜひ騙されてみてほしいと思います!!


わたくし、ドラムを叩くときのシューズはコレ、と決めているものがあります。
人によっては、何履いてても叩けなきゃダメだよ、という人もいます。ある意味それは正しいのですが、やっぱり使い慣れた道具でプレイした方がより細かいニュアンスが思った感じで反映されると思います。

で、ドラムのためのシューズ選びには結構いろいろな要素がありますが、自分にとってはこんな感じかと。
  • 靴底が平らでそこそこグリップがある
  • 急に廃盤にならない、定番商品
  • はきつぶしても何度も買えるように、安価な物
結構いろいろ試したのですが、自分の中で決めたのは adidasのSUPER STAR です。
基本平らな靴底、むかーしからある超定番商品。
そして、季節の限定デザインがシーズンの終わりに定期的に激安になる!3980円とかになる。

…はずだったのですが、このSUPER STAR、近年オシャレスニーカーとして流行ってしまいまして。
 待てど暮らせど割り引きがなく。いつ見ても8000円以上する…

※厳密に言うと、3980円で買ってたのは SUPER STAR 2、最近はやってるのは SUPER STAR ですけど…

個人的には定番商品を流行らせて値上げ、っていうのはあんまりな気がするのですが。
これでは「安価な物」というドラムシューズの要件を満たせません

こうなったらはきつぶしたシューズをリペアして再利用です。
このSUPER STAR、自分の場合だいたいかかとの部分が減ってくるのですよね。
このかかとの補修に最適なのが、 Shoe Goo (シューグー)なのです!
 

これで復活させたシューズは、減りがちょっと速くなりますが、全く違和感なくはき続けられますよ! もう3回も復活させました。 仕上がりはこんな感じ!よくみないと補修されていることに気づきません。

45

靴は補修して長く使おう、というお話でした。
 

このページのトップヘ