Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

カテゴリ: PCオーディオ

個人的にはWindowsの音楽管理アプリが MediaGo がシンプルで好きだったのですがどっかの会社の事情で SonicStage あらため x-アプリ あらため Music Center for PC に乗り換えよと。
TuneBrowser

そう、Music Center for PC って MediaGoの前にソニーが音楽管理アプリとして推奨していた x-アプリを名前変えて出しなおしたものなんですよね。基本的には。ソニーは分社化やなんやらで MediaGoをWalkmanのアプリとして使えなくなったもんだから、モトサヤの x-アプリに戻すと、そういうことなんです。これまでもソニーの一貫性のない音楽管理アプリ戦略のおかげで僕のPCの楽曲保存領域はそれぞれのアプリフォルダに断片化しまくっていて、もう勘弁してほしいです。

というわけで、乗り換えはやめてMediaGoと心中してやろう、と覚悟を決めたのです、その矢先に MediaGoの脆弱性ニュース。もうサポートしてないから Music Center for PCに乗り換えてねと…。ふざけるなと。
まあそんな脆弱性を利用するヤツはまずいないだろうから無視しててもよかったんですが、MediaGoでCDをリッピングすると、CDによって曲の頭がどもってしまう現象が起こっていたんですよ。これはちょっといただけないかなと。やっぱり Music Centerしかないのかなぁ…心中の覚悟はもろくも崩れ去り…

いったんは Music Center for PCへ。

気は進まなかったのですが、ひとまず Music Center for PCを落としてきてインストールしてみたのです。Music Center for PCは x-アプリ時代に WASAPIやASIOのサポートをするなど、なかなかツウ好みのアップデートをしてきたのでそういう点では評価できるのですが、予想通り…というか、5.6MHzのDSDが扱えないなど、微妙にMediaGoとの互換ツールとしては使えない事態になっております。
まぁ、MediaGoのDSDはソニーのハードのみサポートというこれまた器の小さいことをやっていたので、どっちもどっちなのですが。

そして、どうしても許せないのは、停止ボタンを押したときの挙動。なんでこんな生ぬるいフェードアウトで止まるんでしょうか。止めたいから停止ボタンを押してるんだぜ。急ブレーキ踏んでるのにふんわり止まってる場合かよ。さいきんのメディアプレーヤーの流行りかもしれないけど、これはせめてON/OFFできないと話になりませんぜ。

ということで、もうソニー純正はあきらめて、音楽管理アプリ探しの旅に出かけたのでした。
foobar2000とかもちろん知ってますけど、あのB級感ただようUIはちょっと音楽を聴く気分がなえてしまうのでちょっと。

■ MusicBee

これはなかなかよいですぞ。
プレイリストの設定をすれば、Walkmanへの転送もアプリから行える。
停止フェードが生ぬるいのはMusic Centerと同じなのですが、これは設定でオフにできる。
いいね、これに決定!
…と思いきや、今度はCDリッピングのときに使う楽曲情報データベースに日本の曲が登録されていないのか、全然違う曲情報を拾ってくるですよ。再生アプリとしてはよいのに、残念!

■こんにちは TuneBrowser

最近は持ち歩く音楽と言えばGoogle Play Musicに全曲上げて、スマホで聴いてるので、もうWalkmanへの転送は二の次でいいんじゃないか?と思ってきました。Google Play Musicに上げると、せっかくのFLACが320kbpsのAACに圧縮されちゃうんですが、まあ外で聴くときはそれでいいんじゃないかと。

ということで、目下PCのアプリの目的はリッピング+おうちのDACで再生。

いろいろ探した結果、すごいのありましたよ。 TuneBrowser。これは本気のプレーヤーでございます。
みためはカジュアル感を保っておきながら、いったん設定に入ると、カスタマイズできる項目が半端ないです。

ASIO、WASAPIもちろん対応。そればかりか、再生時に任意のサンプリングレートにアップサンプリングしてくれるので、PCMのザラザラ感まで伝わってくるような高解像度で再生可能。DSDにももちろん対応。ってか、これ作っている方は自力で調べて、デコード自前でやってるんですよ。多くのメーカー製アプリのDSD再生は某社のOEMで、こだわりのかけらもないというのに。で、さっきの停止フェード問題。これはTuneBrowserもご多分に漏れずなのですが、とうぜん設定変更可能。デフォルトは確か200ミリ秒なんですが、停止時のフェードなんて10ミリ秒で十分。CDリッピング時も、なじみのあるCDDBから楽曲情報をとってきてくれる。
そして、リッピングした楽曲の保存場所もカスタマイズ可能。今までのMediaGoのフォルダにMediaGoと同じお作法で保存するように設定可能。

Walkmanへの転送は…どうやらできなそうですが、まあこれはD&Dでもできるし最近はやらないので別にいいや。

実は有償アプリで、まだ試用期間中ですが、これはおそらく買っちゃうな。
魂のこもったアプリを作る人は全力でサポートします!

(解決方法だけ見たい人は下の「解決方法」へ) 

MediaGoってアップデートするとCD取り込みの設定がリセットされたり、何らかトラブルがあるイメージですが…MediaGo3.1へのアップデートでもそれは起こりました…

MediaGo.exe システム エラー
「コンピューターにVCOMP140.DLLがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。」

vcomp


うーん
これはもちろんMediaGoがきっかけで出ているエラーではあるのですが、Windowsのシステムが出しているエラーです。

「プログラムを再インストールしてみてください」
…とは書いてあるものの、これでうまく行くのはVCOMP140.DLLをMediaGoインストーラが正しくインストールしている場合だけです。今回はそれでは解決できませんでしたので、おそらく 本来であればMediaGoのインストーラーが配らないといけないWindowsの開発パッケージをMediaGoインストーラがインストールしていない、という問題だと思われます。

解決方法

1. マイクロソフトのサイトに行って、「日本語」「ダウンロード」を選択し、
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48145

2. 「Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロード&インストールします。
コレ→ vc_redist.x86.exe

3. MediaGoを再度起動します。

vc_redist.x64.exe というのもありますが、MediaGoが32bitアプリケーションなのでx86の方をインストールすればよいです。Windowsが32bitか64bitかは関係ありません。(心配ならvc_redist.x64.exe を同時にインストールしても問題はありません。将来64bitのアプリケーションがインストールされたときに同じ問題に遭遇しなくてすみます)

はい!直りましたかね??

なんでこういう問題が起こるかというと、開発者のPCにはこれがインストールされていることが多いから、気づかないんですね…ちゃんと検証してるのかな…

追記

以前のバージョンでは VCOMP140.dll ではなく VCOMP120.dll がないと言われることもあります。その場合は「Visual Studio 2015の再頒布パッケージ」ではなく「Visual Studio 2013の再頒布パッケージ」をどうぞ。MediaGoの開発環境が変わったのですな。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40784


お風呂スピーカーとして活躍中の UE MEGABOOM なんですが、最近電源を入れてもすぐに切れる現象に見舞われておりました。いつもじゃないんです。でも、電源を入れると「フーン」と効果音が鳴って、勝手に電源が切れるし、Bluetoothからの電源は、いつまでたっても電源ONになりません。

ということで、サポートに問い合わせて解決したのでご報告します。

電源ボタンとマイナス(-)ボタンを押したまま15秒でリセットです。

15秒たっても何も変化起きないので自分で数えます^^

Bluetoothのペアリングはやりなおしです。
UE BOOMやBOOM2は同じかどうか分かりませんが、もし同じ現象の方はお試しを!



わたくしDTM用のパソコンはデスクトップパソコンです。
高性能なPCはノートだとファンの音がうるさくてちょっと閉口してしまいます。よってDTMには未だデスクトップがメインストリームなのです。

うちのPC、マウスコンピューターのミニタワーを使っています。結構古いので、マザーボードの入れ替えをしておりまして、HDDだったものをSSDにし、電源も交換済み、最初に買ったものと同じなのはほぼケースとCPUだけなのです。こうやって後から安く部品を買い換えていけるのはデスクトップPCのよいとこです。

そんな感じでちょっとずつ載せ替えをしてきたため、そろそろケースのファンがうなるようになってきまして、しばらく556(あぶら^^)を挿してお茶を濁していたのですが、再発するようなので交換をしてみました。あまりお金をかける感じではないので、1000円以下には抑えたい感じです。

 さて、デスクトップパソコンは開けるの簡単。まずはファンの大きさを確認です。
えーと。直径約9cm。これは92mmという規格が合うやつです。ケースの外側を見ると、一回り小さいファンのねじ穴もあったので、80mmでも大丈夫そうです。

11

ほこりだらけだな…

Amazonを "ファン 92mm 静音" で検索するといろいろでてきます。マザーボード見るとファンのつながっているコネクタには4つのピンがでているので、"PWM回転制御" に対応しています。せっかくなのでPWM対応のファンにしてみようかなー。

鎌風の風PWM

安いし、コレ購入!

02


基本的に前のファンのコネクタと4つのネジをはずして、新しいのつけるだけなので、全然難しくないです。

結果は…めっちゃ静か!!近くに行くと音はしますけど、作業する場所は1mぐらい離れているのでほとんど音が聞こえなくなりました。この安さでこの静寂が得られるのなら、我慢せずに交換しておけばよかったなー^^

ってことで、うちのPCはますますサイボーグ化がすすんできました。



■風呂でも音楽が聴きたい!

AirPlay、DLNAなど、ワイヤレスでPCやスマホで選択した音楽を再生する方法は増えてきました。
でも風呂となると、電源はどうするのかとか、電波は届くのかとか、防水はどうなるのかとか解決すべき問題はたくさんあります。

スマホスピーカーの世界はAirPlayやDLNAよりもBluetoothスピーカーの方が賑わっているようなので、Bluetoothスピーカーをいろいろ調べてみました。Sony、BOSE、JBLなどそうそうたる音響メーカーが進出している分野ですね。特に BOSE SoundLink Mini Bluetoth Speaker II などは、コンパクトなのにずっしりしたBOSEサウンドが出てすばらしかったです!しかし、防水ではなかった!惜しい!!

そんな中、Ultimate Earsという聞き慣れないブランドを目にしたのです。
どうやら高性能マウスなどでおなじみのLogicoolの一部門らしいのですが、そうなるもっと前から高音質イヤフォンの分野では定評のあるメーカーのようです。

調べまくった結果、風呂でのワイヤレス再生はBluetoothスピーカーである Ultimate Ears BOOMシリーズ 一択ではないかという結論に至りました!買ったよ!!MEGABOOM!

■おすすめ理由

1. 防水。

風呂で使うとなると防水は必須。先述の Bose SoundLinkはよい製品ですが防水ではないので候補から落とさざるを得ません。一方でUltimate EarsのMEGABOOMやBOOM2はIPX7という高レベルの防水性能。万が一湯船に水没してもOK!旧BOOMでもIPX4防水(水滴OK)です。

2. 音質がそこそこいい!

防水性能を追うと、どうしても音がこもりがち。MEGABOOMも高音がきれいにでる訳ではありませんが、その分本体がバッテリーで重くなっていることを生かして、どっしりした低音方向にチューニングしてあります。超爆音が出るのですが、風呂ではそんなに爆音は出しませんね。一方ソニーからも防水のBluetoothスピーカー出ていますが、お手軽すぎて再生音に関してはちょっと軽い印象がありました。

3. 電波が遠くまで届く。

BOOM2、MEGABOOMはBluetoothを30m離れていても受信するそうです。
自宅でiPod touchから再生したときでも、部屋のドア、風呂のドアを閉めて8mぐらい離れたところから再生しても音が切れることはありません。Walkmanから再生したときにはたまに風呂の中での設置箇所によって音が切れることがありました。

4. 充電はときどきやるだけでOK!

MEGABOOMは一回の充電で20時間使えます。BOOM2は15時間です。
一回の風呂の時間を考えると、思い出したときに充電すればOKです。
しかも、音量ボタンを+/-両方押すと、音声でバッテリー残量を教えてくれます。日本語で^^!

5. 電源がリモートで入れられる!

これは、再生側がスマホでBluetooth LEに対応している場合だけなのですが、電源がスマホから入れられます。つまり風呂に入る前に電源を入れ、再生した状態で入ればよいのです。再生側がウォークマンでも、スマホで電源だけ入れて、ウォークマンで再生することも可能です。

47


■BOOMかBOOM2かMEGABOOMか?

BOOM2はBOOMの後継、MEGABOOMはでかくてより大音量バージョンです。

BOOMの防水性能はBOOM2、MEGABOOMより劣ります。基本水はかからないところに置くけど、たまにシャワーかかったらごめんね、的な使い方であればBOOMの性能でOK、いや、風呂なんだからいつ水没してしまうか分からない!、なら、BOOM2、MEGABOOMなのではないかと。

BOOM2とMEGABOOMを試聴した限りだと、音のどっしり感は圧倒的にMEGABOOMの方があります。が、BOOM2も その大きさの割にはどっしりした低音が出るようになっています。これは容積の差で、音づくりの方向性は同じだと思います。繊細な音はこういうのには求めてはいけない^^
 
もし旧BOOMでいいじゃん、と思った方、こちら↓で激安セールしてるのでお早めに^^!!
 

■シャレオツなパッケージ

45

店頭で見れば分かるのですが、パッケージは円筒形のシャレオツなもので、しかもそれを開けるときの宝探し感はなかなかワクワクします。こんなところにコレが入ってるとは!みたいな。これは答えを言うとワクワクが半減するのでこれぐらいにしておきます。さらに蛍光色の充電ケーブル、本体色も反映されるアプリ、本体のボタンを押したときは、ちょっと民族楽器の打楽器を思い出させるような音の演出、などなど、一貫してワクワク感が演出されております。楽しいものを買うんだから、パッケージもこうでないと!!

わりと生活一変系のガジェットです。ゼヒ。


このページのトップヘ