Good Sound Maker ブログ

オーディオ・音楽制作・ライブ演奏用機器のレビューやお試しネタなどなど。

カテゴリ: レビュー

ちょっと脱線

先日の音質レビューでは、総じて買ってよかった!という気持ちをお伝えしました。
その後、ちょっと「あれ?」と思うような動きが見つかったのですが、アップデータで全て修正されていることがわかりました。そうです。彩速ナビのすごい点は、こまめなアップデートにあります。

バグがなきゃないに越したことはないですが、現実にはふんだんな機能を搭載した最近の機器でまったく不具合なく出荷できるというのはなかなか難しいことです。なぜなら、多機能を短期間で達成するにはオープンソースを活用した開発が不可欠であり、それはつまり「自分たち以外が作ったプログラム」と協調動作しなければならないことを意味するからです。

それでもこまめにアップデートできるというのは、それなりにソフトウェア開発環境がモダンであることを示しています。実際のところプログラムを修正した場合は修正の影響が及ぶ場所を見極めてそこが正しく動くことを検証しなければならないのですが、ソフトウェア環境がモダンでないとこの見極めが甘くなったり、そのプロセスにすごく時間がかかったりします。

まあまあ、ともあれ過去の遺産を引きずらざるを得ない古いソフトウェア環境になりがちなカーナビというプラットフォームでモダンな開発環境を使えるというのは重要かつ難易度の高いことだと言えます。

インターフェースの完成度

機能編と書いてだいぶ脱線してしまいましたが、機能をユーザーに見せるためのインターフェースは実によくできていると思います。基本的にボタン選択によってどんな機能にもリーチできるような思想でありながら、マニュアルを読めばそれをショートカットできる方法がわかり、操作がスムーズに行えるようになります。

そして、「ここはこうあってほしかったなぁ…」と思うような機能は必ずと言っていいほどカスタマイズできます。例えば、カーナビの地図は夜用の配色と昼用の配色が用意されていてそれが昼夜で切り替わるのですが、これがナビのメーカーによって「ライトをつけたら配色が変わるもの」「明るさによって配色が変わるもの」様々なのですが、彩速ナビでは、これがどちらでも切り替えることができます。

また、ナビのクセ、たとえば細い路地を優先するのか幹線道路を優先するのか、渋滞回避をどのぐらい加味するのかなどのさじ加減は設定で細かく決めることができます。

価格コムなどのレビューを見ていると、このあたりのカスタマイズができることに気づいていないで評価している人もいて、たしかに列挙された奥底のメニューまで探すのは大変ではありますが、さがしたらきっとあるよ!という気持ちで見ていけば、自分好みの動きに仕立て上げることができるのはとても気が利いています。

ところで、このへんのメニューの奥底の構成はパイオニアの楽ナビやサイバーナビにとても良く似ているような気がするのですが、それはこのナビがパイオニアの子会社であるインクリメントPの地図を使っているのと関係あるのか、単純に参考にしただけなのかは定かではありません。

画面表示の限界と設計思想

ひとつ気になった点。地図はメインの地図と、サブの地図を2画面分割で表示するのは中堅以上の多くのナビで可能です。彩速ナビでもこれはもちろん可能であり、それに加えてインフォメーション、オーディオの情報が選択で2画面目に表示することができます。ただし、基本を2画面の地図にしたままでオーディオの情報を出すことはできず、2画面目は必ず機能の切り替えになってしまいます。つまりオーディオの情報は2画面地図の上に出すことはできないということ。曲名ぐらい出したいなと思うのですが、それは思想的にむずかしいようです。ただ、そのことによって「今どこの画面にいるんだっけ??」と迷子になることは非常に少ないと感じます。どこから出てきた画面なのか、というのが直感的にわかりやすいような配置になっていて、それを難しくするような機能は存在できないようになっているのです。これは自分が持っていたころのサイバーナビの思想とは対照的です。サイバーナビは、機能を入れることとUIのお作法を守ることを天秤にかけたときに迷わず前者をとるような作りでした。それはそれでいいところももちろんありましたけどね!

ということで、このあたりの思想も非常に好感が持てるなぁ、という印象でした。

店頭で見て、思った以上のコンパクトさに思わず買ってしまいました…

DSC_0184

今のところの感想としては、

  • BOSSの歪みはやっぱり自分好みでいいな
  • 今までのBOSSは鉄の塊でカドに当たったものが傷だらけになってたけど、今度は金属むき出しじゃないので触っても痛くないね
  • USBはZOOMと違って電源としては使えないのね(つまりACアダプタか電池が必要)
  • 今どき アプリがAdobe AIR製かよ!!(まあ別に実害はないんだけど)
  • 13インチのサブノートPCぐらいの重さ。ボリュームペダルの操作を考ると据え置き型としては適度な軽さかな。
  • このサイズなら卓上と足元用どっちにも使えそう。
  • にしてもBOSS最高峰サウンドのダウンサイズ版が20000円切ってるって、改めてすごいなー。



使い込んだらまた感想などお知らせします!

BOSS GT-1
サウンドハウス BOSS GT-1

スネアのスナッピー(響き線)はスネアを買うと必ずついてくる付属品です。
そして、そのスネアの音の方向性にぴったりなスナッピーがついている…

…はずなのですが、CANOPUSのVintage Snare Wire(ビンデージスネアワイヤー)を使うと その吸い付き感にはびっくりで、ちょっとドーピングしてるかのような気分になります。

DSC_0097


スナッピーのザラっていう音って、締め方にもよりますけど、大きく叩いたときはスッと吸い付くようにザラっと鳴り、弱く叩いていくとだんだん反応が鈍くなって音の止まり方もルーズになっていくようなイメージがあるのですが、Vintage Snare Wireでは吸い付きがピアニシモのタップでも持続します。ザラっと鳴ってスッと音が消える。

初めてこれを体験したのは CANOPUS Neo Vintage NV60-M1のスネアドラムを買ったとき。枯れた感じの胴の鳴りも好きだったのですが、何か決定的に違うなと思って行き着いたのが、Vintage Snare Wireを装備している!!というところだったのです。特にこのスネアとの組み合わせはサイコーで、いろいろ使ってきたけどもうしばらくこれだけでいいや!!と思えたほどです。

結局その音がいい音か好きかという話にはなってくるのですが、一つ言えるのは、反応がとてもよくて「叩くと気持ちいい!!」これに尽きます。スナッピー替え時の方・ちょっと使う機会を失っているスネアを持っている方はVintage Snare Wireをぜひぜひ試してみてほしいです。

サウンドハウス CANOPUS ( カノウプス ) / CPSL-14DR サウンドハウス CANOPUS ( カノウプス ) / CPSL-14DR


CANOPUSには Speed Star Bearing(スピードスターベアリング)という、もう一つのドーピンググッズがありますが、これに関してはまたの機会に(ただ、迷ってる人は即買いです)。


わたくし、ドラムを叩くときのシューズはコレ、と決めているものがあります。
人によっては、何履いてても叩けなきゃダメだよ、という人もいます。ある意味それは正しいのですが、やっぱり使い慣れた道具でプレイした方がより細かいニュアンスが思った感じで反映されると思います。

で、ドラムのためのシューズ選びには結構いろいろな要素がありますが、自分にとってはこんな感じかと。
  • 靴底が平らでそこそこグリップがある
  • 急に廃盤にならない、定番商品
  • はきつぶしても何度も買えるように、安価な物
結構いろいろ試したのですが、自分の中で決めたのは adidasのSUPER STAR です。
基本平らな靴底、むかーしからある超定番商品。
そして、季節の限定デザインがシーズンの終わりに定期的に激安になる!3980円とかになる。

…はずだったのですが、このSUPER STAR、近年オシャレスニーカーとして流行ってしまいまして。
 待てど暮らせど割り引きがなく。いつ見ても8000円以上する…

※厳密に言うと、3980円で買ってたのは SUPER STAR 2、最近はやってるのは SUPER STAR ですけど…

個人的には定番商品を流行らせて値上げ、っていうのはあんまりな気がするのですが。
これでは「安価な物」というドラムシューズの要件を満たせません

こうなったらはきつぶしたシューズをリペアして再利用です。
このSUPER STAR、自分の場合だいたいかかとの部分が減ってくるのですよね。
このかかとの補修に最適なのが、 Shoe Goo (シューグー)なのです!
 

これで復活させたシューズは、減りがちょっと速くなりますが、全く違和感なくはき続けられますよ! もう3回も復活させました。 仕上がりはこんな感じ!よくみないと補修されていることに気づきません。

45

靴は補修して長く使おう、というお話でした。
 

EVANS RealFeel使ってみました。

ドラムは騒音の問題で、よっぽど恵まれていないと家で練習をするのが大変です。
ということで練習パッドを使うことになるのですが、どうもしっくりこなくて練習から遠のいてしまいます。

でも最近なかなかいいのを見つけましたよ。EVANS RealFeel!
DSC_0067

練習パッドで困ること

パッドっていろいろ問題があって、

  • 実際のドラムの感触と違う
  • パタパタと意外と大きい音がする
  • スタンドにセットすると階下に響いてしまう
などなど。 

今までに試したやつは…

ジェル状のタイプ

モチみたいな感触で、バウンドしにくい感じです。
そのためフィンガーコントロールの練習には最適ですが、ずっと使っているとヌルヌルベタベタな感触になってきます。

足に巻くタイプ

スタンドを使わなくていいので階下に気を遣う必要がなくなります(ちょっと気にはした方がいいけど)
でも足の位置は本来叩く位置よりも近すぎて、なかなか練習になりません。
 

EVANS RealFeel特徴

こちらのEVANS RealFeel(6インチ・RF6GM)は、スタンドにつけるタイプなのですが、木製の台座がしっかりしているので膝の上にのせて使っても比較的安定しています。
そして、台座の裏に緩衝材がついているので机において使うこともできます(やや響きます)
DSC_0068

感触はゴムパッドに近いのですが比較的リバウンドは抑えられていて、音も柔らかめです。
練習パッドはモノによっては手首にズキっとくるやつもありますが、これはかっちりした感触でありながらソフトなものです。
 でかい12インチのやつ(RF12G)とか6インチのやつ(RF6GM)とか、他に何種類かあるのですが、自分が買ったのは6インチのやつ。
DSC_0066


うちで使うのなら12インチのやつでもよかったかなーと思いますが、6インチはとにかく気軽に手に取れるので、ついついサボってしまう自分にとってはそこがポイントでした。あと、12インチの方はネジ式のスタンドにはつけられないのですよー。

革命的なものではありませんが、総合的なバランスにすぐれた練習パッドだなと思います。
店頭に置いてあるところも増えたので、わりと定番になっているのかな?おすすめです。
 

ラインナップ

RealFeelは種類が多すぎてよくわからないラインナップなんですけど、違いは以下のようになってます。
RF12G12インチ。裏はクッション。
RF12D12インチ。裏表で違うフィールのパッド。
RF6GM6インチ。裏はクッション。ネジ式スタンド取り付け型。
RF6D6インチ。裏表で違うフィールのパッド。
ARF7GM7インチ。裏はクッション。ネジ式スタンド取り付け型。打面が薄めで音デカめ。

6インチと7インチの違い

6インチと7インチというよく分からないラインナップですが、7インチは打面が薄めで音がデカめです。うちで使うなら静粛性の高い6インチがおすすめです。

※サウンドハウスは直輸入盤なので安いのです。
サウンドハウス EVANS RealFeel RF6GM
サウンドハウス EVANS RealFeel RF12G

RF6GMRF12G

このページのトップヘ