わたくしDTM用のパソコンはデスクトップパソコンです。
高性能なPCはノートだとファンの音がうるさくてちょっと閉口してしまいます。よってDTMには未だデスクトップがメインストリームなのです。

うちのPC、マウスコンピューターのミニタワーを使っています。結構古いので、マザーボードの入れ替えをしておりまして、HDDだったものをSSDにし、電源も交換済み、最初に買ったものと同じなのはほぼケースとCPUだけなのです。こうやって後から安く部品を買い換えていけるのはデスクトップPCのよいとこです。

そんな感じでちょっとずつ載せ替えをしてきたため、そろそろケースのファンがうなるようになってきまして、しばらく556(あぶら^^)を挿してお茶を濁していたのですが、再発するようなので交換をしてみました。あまりお金をかける感じではないので、1000円以下には抑えたい感じです。

 さて、デスクトップパソコンは開けるの簡単。まずはファンの大きさを確認です。
えーと。直径約9cm。これは92mmという規格が合うやつです。ケースの外側を見ると、一回り小さいファンのねじ穴もあったので、80mmでも大丈夫そうです。

11

ほこりだらけだな…

Amazonを "ファン 92mm 静音" で検索するといろいろでてきます。マザーボード見るとファンのつながっているコネクタには4つのピンがでているので、"PWM回転制御" に対応しています。せっかくなのでPWM対応のファンにしてみようかなー。

鎌風の風PWM

安いし、コレ購入!

02


基本的に前のファンのコネクタと4つのネジをはずして、新しいのつけるだけなので、全然難しくないです。

結果は…めっちゃ静か!!近くに行くと音はしますけど、作業する場所は1mぐらい離れているのでほとんど音が聞こえなくなりました。この安さでこの静寂が得られるのなら、我慢せずに交換しておけばよかったなー^^

ってことで、うちのPCはますますサイボーグ化がすすんできました。